ゴキゲン中飛車対策

【ゴキゲン中飛車対策】超速3七銀戦法の基本定跡と指し方まとめ

現代振り飛車のエース戦法であるゴキゲン中飛車はその強い攻撃力で居飛車を悩ませ続けています。居飛車側からもたくさんの対抗策が考えられており、こちらの記事でもまとめています。

【将棋】有力なゴキゲン中飛車対策総まとめ+おすすめ棋書
ゴキゲン中飛車とは、近年現れて人気戦法へと躍り出た「攻める振り飛車」。発案者の近藤正和六段がゴキゲン中飛車を連採して高勝率を上げました。後に升田賞も受賞。タイトルホルダーである久保王将など、多くの振り飛車党が好んで採用しています。 そ...

数ある中で、現在最もやれるとされているゴキゲン中飛車対策がこの「超速3七銀戦法」です。「超速」の名の通り、銀を素早く前に繰り出していくのがこの戦法の特徴ですが、指し方は簡単ではなく覚えなければいけない変化も多め。

今回は超速3七銀戦法の基本定跡と指し方について解説していきます。

スポンサーリンク

超速3七銀戦法とは

狙い

下図が超速3七銀戦法の基本図です。玉の囲いは6八で留め、右銀の進出を最優先に駒組を進めていくのが特徴です。

f:id:game3578:20180712101201p:plain

こちらの狙いは角頭攻めと中央制圧。将来的には居飛車からも左銀を6六に繰り出し、二枚銀の形を作っていければ理想です。

すぐに角頭を攻めるのは△5六歩からの捌きがあって大抵うまくいきませんが、機を見て▲4五銀と歩を狙っている手があります。仕掛けられれば指しやすくなります。

基本の指し手(序盤)

▲7六歩△3四歩▲2六歩△5四歩▲2五歩△5二飛▲4八銀△5五歩▲6八玉△3三角(下図)

f:id:game3578:20180712203200p:plain

ここまでは、対ゴキゲン中飛車でのおなじみの手順。持久戦志向の戦い方の場合は▲7八玉などと玉形の整備を優先しますが、超速では早々と銀を進出させていきます。

▲3六歩△6二玉▲3七銀△7二玉▲4六銀(下図)

f:id:game3578:20180712101201p:plain

6八まで玉を囲ったら、あとは右銀を繰り出していきます。▲3六歩~▲3七銀~▲4六銀で右銀はセット完了。

相手の指し手にもよりますが、この後は左銀も▲6八銀~▲7七銀~▲6六銀といった感じで繰り出していくパターンが多いです(基本定跡のところで詳しく紹介します)。

気を付けたい変化:▲3六歩に△5六歩

居飛車側は銀の進出を最優先でしているため、肝心の5筋は手薄です。振り飛車がここに目を付けて、早めの△5六歩をしてくるパターンがあります。

f:id:game3578:20180712101353p:plain

上図から△5六歩▲同歩△同飛(下図)

f:id:game3578:20180712101400p:plain

左辺と右辺の歩にもあたっていて気持ちの悪い飛車ですが、切り返しの手順があります。

▲3三角成△同桂▲6五角(下図)

f:id:game3578:20180712101430p:plain

▲6五角と打って、次の角成が受かりません。△5二飛には一度▲7七桂と斜めのラインの傷を消しておけば安全です。

当然とも言えるような手順ですが、定跡に詳しくない人の中にはやってくる人もいるので、この角打ちは覚えておきましょう。

スポンサーリンク

超速3七銀戦法の定跡

ゴキゲン中飛車側も無策に指しているだけでは中央を制圧されて模様が悪くなってしまうので、様々な対抗策が考えられています。

その中でも「銀対抗」と「4二銀型」は指されることが多い対抗策で、今回はこれらに対する超速側の戦い方を見ていきます。

VS銀対抗

銀対抗は先手の銀の進出に合わせて銀を4二~5三~4四に上がり、居飛車側の攻めをがっちりと受け止める指し方です。

f:id:game3578:20180712203911p:plain

銀が角道を塞いでいる格好であまり良い形とはいえませんが、安定感がある戦い方なためかアマチュア間での人気が特に高いという印象です。

銀をこの位置に固定させたことに満足し、一転して穴熊に組み持久戦で戦う指し方(下図)もありますが、今回は急戦系での戦い方に絞ってみていきたいと思います。

銀対抗基本図までの指し手

▲7六歩△3四歩▲2六歩△5四歩▲4八銀△5二飛▲6八玉▲2五歩△3三角▲3六歩△4二銀▲3七銀△5三銀▲4六銀△4四銀(下図)

f:id:game3578:20180712101506p:plain

相手の銀が手厚く右銀一枚だけで攻めていくのは大変なため、銀対抗に対しては左銀を活用して二枚銀の形を作っていくのが良く指される作戦です。

この指し方は「超速二枚銀」とも呼ばれます。

▲7八玉△6二玉▲6八銀△7二玉▲7七銀△8二玉▲6六銀(下図)

f:id:game3578:20180712101530p:plain

先手の二枚銀の構えが完成した局面です。右銀と左銀が、ともに5五の歩を狙っていてとても迫力のある形。一枚でも相手の駒の利きが外れれば、5五の歩が取れる状態です。

この後は銀だけでなく、▲3七桂から右桂も活用して攻めていきます。

△7二銀▲5八金右△5一飛▲3七桂△3二金(下図)

f:id:game3578:20180712101551p:plain

お互いの囲いもひと段落して完成した局面。振り飛車側の囲いは金美濃の形もよく指されていますが、今回は片美濃です。

先手陣も、最低限の玉形の整備ができました。ここでは早速▲4五桂と仕掛けていきたいですが、実はうまくいきません。失敗例から見ていきましょう。

仕掛けの失敗例

▲4五桂△4二角▲5五銀左△同銀▲同銀(下図)

f:id:game3578:20180712101618p:plain

早速▲4五桂から攻めていった局面。角のラインがずれたことによって後手の歩を▲5五銀左△同銀▲同銀ととることができます(▲同銀に代えて▲同角は飛車切りからの△3七角が厳しい)。

居飛車好調のようですが、ここで振り飛車にうまい一手があります。

△3三桂▲4六歩(下図)

f:id:game3578:20180712101644p:plain

この△3三桂が振り飛車らしい手。▲同桂成には△同角が手順に銀を睨み面白くないので▲4六歩と支えますが、それに対する指し方も定跡化されています。

△6五銀▲3五歩(下図)

f:id:game3578:20180712212122p:plain

玉頭の歩を狙って打つ単騎の銀が好手。先手は桂頭を攻めるくらいしか手がありませんが、後手からの反撃が始まります。

△7六銀▲3四歩△4五桂▲同歩△7七桂打(下図)

f:id:game3578:20180712101715p:plain

後手は得た桂馬をそのまま7七に放り込んで振り飛車良し。

こちらがどう対応しても5五の銀が取られてしまい、これでは居飛車不利です。

正しい手順

▲2九飛(下図)

f:id:game3578:20180712101752p:plain

一手我慢して▲2九飛と飛車を引くのが正着。これにより、▲4五桂△4二角▲5五銀左△同銀▲同角(下図)と取れるようになります。△同飛▲同銀△3七角の両取りが生じないのが飛車引きの意味。こうなれば先手成功ですね。

f:id:game3578:20180713094433p:plain

△4二角と引くと5筋の歩が取られてしまったので、先手の桂跳ねに対して後手は角を2筋側に引くことになりますが、2筋の利きが消えた分飛車先交換を果たすことができます。

f:id:game3578:20180713094450p:plain

その後は飛車を1筋動かして3筋攻めを狙うなどの攻め筋があります。

どんどん攻めていきやすい分、玉の固さでは負けています。序中盤でなるべくリードを奪っていきましょう。

VS4二銀型

4二銀型は最近増えてきている指し方で、どちらかというと「捌き」に重点を置いています。あえて相手に攻めさせることで、カウンターを狙うというある意味では振り飛車らしい戦い方です。

f:id:game3578:20180713094644p:plain

この形が基本。居飛車はここから▲4五銀と角頭目がけて仕掛け、後手も軽い陣形を活かした捌きを狙っていきます。先程とは逆に、角頭を守ることよりも美濃囲いを完成させることを優先させています。

4二銀型基本図までの指し手

▲7六歩△3四歩▲2六歩△5四歩▲2五歩△5二飛▲4八銀△5五歩▲6八玉△3三角▲3六歩△6二玉▲3七銀△7二玉▲4六銀△8二玉▲7八玉△7二銀▲6八銀△4二銀(下図)

f:id:game3578:20180713094804p:plain

▲4五銀△3二金▲3四銀(下図)

f:id:game3578:20180712101857p:plain

▲4五銀に対して振り飛車も△3二金と2筋に備えますが、構わず突進。

▲3四銀には△2二角という手順も指されていますが、今回は△4四角のパターンに絞って紹介していきます。

なお、△2二角には▲2四歩△同歩▲同飛△5四飛といった手順になります。

f:id:game3578:20180712101912p:plain

こちらの指し方も有力です。

△4四角に対する指し方

▲2四歩△同歩▲同飛△2二歩(下図)

f:id:game3578:20180712101940p:plain

△2三歩と直接歩を打たずに、一段低く歩を打って受けるのが手筋。▲2三歩から2筋を破れるようですが、振り飛車からうまい切り返しがあります。

▲2三歩△3三銀(下図)

f:id:game3578:20180712101953p:plain

飛車が2四にいる状態のままであるため、△3三銀が飛車に当たってくるのが痛いところ。▲同銀成△同角から飛車を引かされて面白くありません。

▲2八飛(下図)

f:id:game3578:20180712102022p:plain

ここでは当たりを避ける意味で、一旦飛車を引くのが定跡となっています。引き場所はいくつかありますが、プロ間では2八が主流。

▲2八飛に対して、後手からはいくつかの手が考えられます。今回は△5六歩と△3一銀の変化について見ていきたいと思います(これら以外にも有力な指し手がいくつかあります)。

△5六歩

このタイミングで△5六歩と仕掛けるのは考えられる一手ですが、これは先手有利となります。

△5六歩▲4四角△同歩▲5六歩△同飛▲6五角(下図)

f:id:game3578:20180712102100p:plain

3二の金が浮いているため、この角打ちが絶好の一手となります。この筋があるため、▲同歩に△同飛とはできません。これではただの歩損で、しかも後手は歩切れです。

△3一銀

△3一銀(下図)は浮いていた金にヒモを付け、△5六歩を可能にする一手です。2筋攻めにも備えていて、一石二鳥。

f:id:game3578:20180712102130p:plain

居飛車側は▲2三歩から2筋突破を狙いますが、振り飛車はここで捌いてきます。

▲2三歩△5六歩▲4四角△同角▲5六歩(下図)

f:id:game3578:20180712102217p:plain

▲5六歩に△同飛とするのに対しては▲2二歩成が好手。△同銀には▲6五角、△同金にも▲2三銀成で先手の攻めが繋がります。

すぐに△同飛とは取れないため、後手は持ち駒の角を使って飛車のコビンを攻めてきます。

△6四角▲3七角△5六飛▲2二歩成△3七角成▲同桂△2二金▲2三銀成△2七歩▲同飛△7六飛▲7七歩△3六飛▲2二成銀△2六歩(下図)

f:id:game3578:20180713095517p:plain

プロ同士の実戦でも指されたことがある手順で、以下難解な手順が続きます。もちろん互角の戦いですが、後手の陣形もかなり崩れており先手も十分戦えると思います。

関連棋書

速攻!ゴキゲン中飛車破り

居飛車視点での超速の指南書です。今回は紹介しなかった、△3二金型や△3二銀型などに対する定跡を解説しています。内容はかなり難しめ。

菅井ノート 後手編

振り飛車視点での超速対策の本ですが、中身が物凄い濃いので読んでおいて損はありません。まずは敵を知れ、ということで、振り飛車側からの超速対策を知っておくのはおすすめです。少し前の本ですが、これを参考にして指している振り飛車党もまだまだ多いと思います。

タイトルとURLをコピーしました