将棋の本(棋書・定跡書)を探す >
スポンサーリンク

【コスパ良すぎ】将棋指しはKindle Unlimitedを活用すべきな理由。登録方法から対象本の探し方まで徹底解説

棋書

Kindle Unlimited、ご存知でしょうか。一言で言うと「Amazonが提供する月額980円の電子書籍読み放題サービス」です。

>>Kindle Unlimited 無料体験

かなり有名なので既に登録している方も多いと思うのですが、今回はあらためて将棋指しにこのKindle Unlimitedがおすすめできる理由をまとめつつ、登録方法や使い方、対象本の探し方まで解説していきます。

スポンサーリンク

Kindleとは

そもそも電子書籍で本を読んだことがあまりない人向けに説明すると、KindleはAmazonの販売する電子書籍のこと。Amazonで書籍を検索すると、たいていの場合は下画像のように、単行本版とKindle版があります。

通常の紙の本を購入する場合は「単行本」を選択して、カートに入れて、購入、ということになりますが、左のボタンをクリックすることでKindle版(電子書籍)の購入も可能。Kindle版を購入すれば、Kindleのアプリ(下リンク参照)をダウンロードして、Amazonのアカウントでログインするだけで、スマホからでもタブレットからでも、電子書籍を読めるようになります。

Kindle(電子書籍)で本を読むメリットはいくつもありますが、その中でも代表的なものを上げるとこんな感じ。

①電車の中でも車の中でもいつでもどこでも読める
②重い本を持ち運ばなくてよい(スマホやタブレットで読める)
③部屋も本であふれかえれない
④価格がKindle版の方が安いことが多い
また、書籍の中でも特に将棋関連の本(棋書)を読む方向けのメリットは、こんな感じ。
①アプリの中で付箋をつけて簡単に前ページに戻って読み直せる
②詰将棋や次の一手本の場合は特に問題を解いていくのが楽
③棋書にはKindle Unlimited (後述)の対象棋書が多い
スポンサーリンク

Kindle Unlimitedとは

さて、さっそくKindle Unlimitedについて詳しく紹介していきましょう。冒頭にも言いましたが、Kindle Unlimitedとは「Amazonが提供する月額980円の電子書籍読み放題サービス」で、月額料金を支払うことによって対象書籍が読み放題となります。

まず、Kindle Unlimited のメリットをまとめてみると、こんな感じ。

①200万冊以上が読み放題
②これが月額980円というコスパの良さ(1冊読めば元が取れる)
③気になった本を値段を考えずに読むことができる
④無料お試し期間がある(後述)
このメリットだけ見ても、Kindle Unlimitedのすごさが分かると思います。200万冊以上が読み放題で、かつこれが月額たったの980円で楽しめるというのは、恐ろしいほどのコスパの良さ。もう一つのおすすめポイントは、Kindle Unlimitedには30日間の無料体験があるということ。登録は下記のリンクから可能ですが、よくわからないという方向けに、登録方法については後述します。

>>Kindle Unlimited 無料体験


その一方で、いくつかのデメリットも存在します。Kindle Unlimitedのデメリットをまとめてみると、こんな感じ。

①全ての本が読み放題の対象になるわけではない(読み放題対象書籍のみが読み放題対象)
②ダウンロードできるのは同時に20冊まで

注意点についても、しっかり確認しておきましょう。まず第一に、電子書籍対応していない本はKindleで読みようがありませんし、電子書籍対応していても読み放題対象でない書籍はあります(ただし最近は今まで電子書籍対応出なかった本が電子書籍化されて、さらに読み放題対象になるケースも多いです)。また、将棋の本(棋書)に関していえば、Kindleのラインナップも、Kindle Unlimitedのラインナップも、非常に充実しています。将棋の本目当てなのであれば、ラインナップについては特段心配すべき事情はありません。

>>読み放題対象の棋書を見る

もう一つのデメリットはダウンロードできるのが同時に20冊までだけである、という点。実は、こちら以前までは10冊が上限でしたが、この度(2021年12月に)20冊に増やされました。理由は明らかにされていませんが、利用者にとっては大きなプラスです。

2021年12月から20冊が上限に!!

上限が10冊だとちょっと…といった感じだったかもしれませんが、20冊に増冊されて、これはもはやデメリットではなくなった感じがあります。同時に20冊も本を持たないといけないことはそうそうないはず。そのうえ、仮に20冊にたまったとしても、そのつどいらない書籍を削除すればいいだけ。もしまた読みたくなった場合は再度ダウンロードすればOK。

>>Kindle Unlimited 無料体験

スポンサーリンク

Kindle Unlimitedが将棋指しにおすすめの理由

圧倒的コスパの良さ(棋書は高い!)

第一に挙げられるのが圧倒的なコスパの良さです。月額980円(しかも最初の一ヶ月は無料体験)で棋書に限らず書籍が読み放題というのは、今までにないレベルのものでしょう。

定跡書を書店で買おうと思うと、一般的なものだと大体1500円くらいかかります。名局集などの分厚いものを買おうとすると、3000円以上するのも普通です。

このような書籍も当然読み放題の対象に入っているので、ひと月に1冊読むだけで元が取れてしまう計算です。

棋書と「電子書籍」の相性の良さ

棋書って結構大きいんですよね。詰将棋本サイズならまだしも、普通の定跡書だとかなりの大きさを取りますし、先程も触れたような棋譜集・名局集になると持ち歩くのは無理です。

でも電子書籍なら、詰将棋だけでなく「〇〇名局集」などもスマホやタブレットで楽しめます。


スマホで読むのも構いませんが、これから長く使うかも、という方はKindleの電子書籍リーダーも試してみてください。

30日間の無料トライアル(途中で解約しても最後まで利用可能)

先ほど触れたように、Kindle Unlimitedには30日間の無料体験期間があります。ただし、他の多くのサービスと同様、クレジットカード情報を登録しなければいけないので、解約をしわすれると有料サブスクリプションの契約が更新されてしまいます。それが嫌な場合は、念のために早めに解約しておくというのもあり。無料トライアルの途中で解約しても、30日間が終わるまでは通常通り利用することができます。

無料トライアルの登録方法については後ほど解説

>>Kindle Unlimited 無料体験

気になった棋書が気軽に読める

わざわざお金を出して買うほどではないけど、ちょっと気になるな、という棋書はだれしもあると思います。こうした棋書を気軽に読むことができるのも読み放題のメリットです。

ジャンルは様々

今回は棋書に焦点を当ててきましたが、Kindle Unlimitedでは棋書に限らず、小説・雑誌・実用書・ビジネス書・語学書をはじめとする幅広い分野の書籍を扱っています。

スポンサーリンク

Kindle Unlimited 対象棋書の探し方

Kindleアプリをインストールしている場合は「カタログ→検索」からフィルターで「unlimited対象」を選ぶのが早いと思いますが、少し検索方法が分かりづらいかもしれません。

Kindleアプリ経由ではありませんが、読み放題対象となっている棋書についてはこちらから全て確認できます。

>>Kindle Unlimited対象棋書一覧

検索ワードを指定するには?

先ほどのリンクから棋書の一覧は確認できるのですが、具体的に例えば「四間飛車」「角換わり」などと検索する際には少しコツが必要です。というのも、検索してしまうと、Kindle Unlimited対象の棋書リストから離れてしまい、読み放題対象でない棋書も表示されてしまうのです。

対処法は簡単。左サイドバー(下画像)の一番下に、Kindle Unlimited 読み放題のフィルターがあります。これにチェックをつけてやれば、検索したワードでひっかかり、かつ読み放題対象の棋書の一覧が表示されることになります。

ただし、棋書には読み放題対象のものが非常に多いので、わざわざフィルターを掛けなくてもいいケースが多いです。

Kindle Unlimitedなら将棋世界も読み放題

将棋世界を毎月購読している方も多いかもしれませんが、Kindle Unlimitedなら将棋世界も読み放題になります(付録も)

>>Kindle Unlimited 対象の将棋世界

スポンサーリンク

Kindle Unlimited 無料体験の登録方法

Kindle Unlimited 無料体験への登録は、非常に簡単です。まずは、Kindle Unlimitedのトップページを開きましょう。トップページへのリンクはこちら。

>>Kindle Unlimited 無料体験

すると、このような画面になります。

Amazonのページであること、Kindle Unlimitedの登録ページであることを確認します。「30日間無料体験」と書いてあるように、初めて利用する場合は30日間は料金が全くかからず、途中キャンセルも可能です(その場合も料金はかかりません)。キャンセル方法については後述します。

スポンサーリンク

Kindle Unlimitedの使い方

Amazonのページで本をダウンロード

Kindle Unlimitedに登録した瞬間から、対象書籍が完全読み放題となります。例えば、こちらの「創始者直伝!新嬉野流」を読みたいと思ったとします。

画面を見て、2つボタンがあるうちの左側の「Kindle版(電子書籍)」をまずは確認。Kindle Unlimitedなら0円で読めると書いてあることを確かめてください。そうしたら、Kindle版が選択(薄黄色の背景)されていることを確認したうえで、右側の黄色いボタン「読み放題で読む」をクリックします。すると、緑字で「ありがとうございます!」と表示され、これで本の追加は完了です。

Kindleのアプリをダウンロードして読む

Kindle Unlimitedでダウンロードした書籍は、スマホやタブレットであればKindleのアプリからご覧になることができます。大きめのタブレットを使うのが一番見やすくておすすめ。

Kindle

Kindle

AMZN Mobile LLC無料posted withアプリーチ

書籍をダウンロードした後の画面はこんな感じ。ライブラリに、新たに購入した本が追加されています。

ご覧のように、Kindle Unlimited の本が何冊もずらりと並んでいます。本当にYouTubeを見るような感覚で本を読めるようになります。

>>Kindle Unlimited 無料体験

スポンサーリンク

Kindle Unlimited 無料体験の解約方法

多くの無料体験サービスと同様、解約を忘れていると、次月から月額980円が課金されます。もちろん毎月980円払ってでも登録しておきたいサービスなのですが、中には想像と少し違って、解約したい、という方もいるでしょう。ここでは、Kindle Unlimitedの解約の方法を説明します。

無料期間中に解約しても料金は一切取られないのでご安心を!

解約のステップはとても簡単。まずは下のリンクから解約の画面に移動します。

>>解約ページ

解約ページの中の左サイドバーを見てください。こんなボタンがあるはず。

このボタンを押すと、こちらの画面に移ります。

この画面で、さらに「メンバーシップを終了する」を選べば、解約完了です。面倒くさい手続きは全くなく、本当に一瞬で解約できます。

スポンサーリンク

最後に

Kindle Unlimited は将棋を指しているのであれば、絶対に登録しておきたいサービスです。改めてメリットをまとめます。

①月額980円で200万冊読み放題という破格のコスパ
②棋書のレパートリーが非常に豊富
③無料体験期間あり
④本のダウンロードも解約も非常に簡単
正直、いままで課金してきたどんなサービスよりも充実感を得られるはず。もちろん将棋だけでなく、漫画・雑誌・ビジネス書・自己啓発書など、ありとあらゆる本も読み放題対象になっています。将棋指しなら(というより本を読む全ての方に)おすすめのサービスです。

約しておくというのもあり。無料トライアルの途中で解約しても、30日間が終わるまでは通常通り利用することができます。

>>Kindle Unlimited 無料体験

タイトルとURLをコピーしました
公開日:2022年3月1日