ゴキゲン中飛車対策

【ゴキゲン中飛車対策】丸山ワクチンの基本定跡と指し方

丸山ワクチンは、丸山忠久九段が流行させた、ゴキゲン中飛車対策の作戦です。開始早々に角交換をして持久戦調に戦うのが主流で、プロ間でもアマチュア間でもよく指されています。

手詰まりになりやすいというデメリットがありつつも、玉を固く囲うことができるという意味で、現在一番人気の超速と比べても、負けず劣らず指しやすい作戦だと思っています。

【ゴキゲン中飛車対策】超速3七銀戦法の基本定跡と指し方まとめ
現代振り飛車のエース戦法であるゴキゲン中飛車はその強い攻撃力で居飛車を悩ませ続けています。居飛車側からもたくさんの対抗策が考えられており、こちらの記事でもまとめています。 数ある中で、現在最もやれるとされているゴキゲン中飛車対...

なお、ゴキゲン中飛車対策としては、上に紹介した超速以外にも、超急戦や一直線穴熊などが有力です。ゴキゲン中飛車対策については、こちらの記事で詳しく解説しています。

【将棋】有力なゴキゲン中飛車対策総まとめ+おすすめ棋書
ゴキゲン中飛車とは、近年現れて人気戦法へと躍り出た「攻める振り飛車」。発案者の近藤正和六段がゴキゲン中飛車を連採して高勝率を上げました。後に升田賞も受賞。タイトルホルダーである久保王将など、多くの振り飛車党が好んで採用しています。 そ...
スポンサーリンク

丸山ワクチンの序盤の駒組み

初手からの指し手 ▲7六歩△3四歩▲2六歩△5四歩▲2五歩△5二飛(下図)

一般的なゴキゲン中飛車の序盤です。▲4八銀とすれば超速の可能性が高いですし、▲5八金右△5五歩となれば、超急戦の変化になります。丸山ワクチンでは、相手に5五の位を取らせる前に角交換を挑みます。

上図からの指し手 ▲2二角成△同銀(下図)

一手損を承知で角交換。△同銀に対してかつては▲7八銀と指されていましたが、現在は▲9六歩の佐藤新手が有力とされています。

スポンサーリンク

佐藤新手

佐藤新手は、△2二銀に対して▲9六歩とする一手(下図:佐藤新手基本図)。この手は、△5五歩を強くけん制しています。

仮に振り飛車側が△9四歩▲7八銀△5五歩としてくれば、▲6五角と打って先手よし(下図)。

△3二金▲8三角成△8八角に対しても▲9七香(下図)と逃げておいてOK。▲9六歩には香車の逃げ道を作るという意図がありました。

なお、代えて単に▲7八銀では、△5五歩▲6五角△3二金▲8三角成△8八角に対して、▲9七香と逃げるスペースがありません(下図)。これでは逆に先手不利。

佐藤新手基本図以下 △9四歩△6二玉▲4八玉△7二玉▲4六歩△8二玉▲4七銀△7二銀▲6八玉△3三銀▲7九玉(丸山ワクチン基本図)

▲9六歩に△9四歩と受けて、上図まではいくところ。上図を丸山ワクチンの基本図とします。

ここからは、△2二飛型(向かい飛車に組みなおす作戦)と、△5二飛型(中飛車のまま戦う作戦)の2通りに対しての指し方を解説していきます。どちらも典型的な居飛車VS角交換振り飛車の、お互いに手詰まりになりやすい戦型になりやすいですが、居飛車からの有力な攻め筋なども紹介できればと思います。

△2二飛型

丸山ワクチン基本図以下 △2二飛▲5八金右(下図)

△2二飛には▲5八金右と、左美濃を完成させます。▲5八金右には△2四歩から逆棒銀・飛車先の逆襲を狙ってくる指し方と、穏やかに△4四銀とする2通りの作戦が考えられます。

△2四歩(逆棒銀)に対しての指し方

上図以下 △2四歩▲同歩△同銀▲3六銀△2五歩(下図)

△2四歩▲同歩△同銀には、▲3六銀と銀を進出。振り飛車側は△2五歩と抑え込みますが、ここで手筋の一手が。

上図以下 ▲7七角(下図)

▲7七角と、飛車のコビンを狙って角を放つのは、対角交換振り飛車でよく見られる居飛車側の手筋。△3三銀や△3三桂とはできず(▲2五銀があるため)、後手は角を打って応戦することができます。ただし△4四角には▲同角△同歩▲4三角があるので、後手の対応は△3三角と△5五角に絞られます。

▲7七角に△3三角

上図の△3三角は自然ですが、後手から△3三銀として、飛車の利きを通す手を消してしまっています。

ここは、落ち着いて▲6六歩(下図)と収めます。

次の狙いは▲4五銀~▲2三歩~▲3四銀。この狙いが後手は非常に受けづらくなっています。

結局後手は△5一角と引くことになるのですが、▲4五銀△3三銀▲2七歩(下図)としておいてOK。

飛車先を抑えられ悔しいようですが、後手の角が全く働いておらず、先手の銀は大活躍。先手指しやすいでしょう。

▲7七角に△5五角

△5五角には先ほどと同様に▲6六歩もありますが、▲8八玉とパス気味に囲いを完成させておくのがおすすめ(下図)。

△4六角には▲4八飛で先手よし。△3五歩には▲4五銀と出ておきます(下図)。

以下 △3三銀▲5四銀△7七角成▲同桂△2六歩▲2三歩△同飛▲6三銀成(下図)は先手優勢。△同銀に▲4五角で先手有利。

落ち着いた展開

逆棒銀に代えて、△4四銀から△3三桂とするのも自然な展開です。

丸山ワクチン基本図以下 △4四銀▲6六歩△3三桂(下図)

しかし、桂馬を跳ねる手に対しては、これまた対角交換振り飛車で頻出の攻め筋があります。

上図以下 ▲7七銀△2一飛▲3六歩△4二金▲6七角打(下図)

▲7七銀と、角の動かせるスペースを作ってから、▲6七角と角を下ろします。後手は3四の歩が非常に受けずらいことが分かると思います。▲3四角とした後は、歩得に加えて、1筋の端攻め(▲1四歩△同歩▲1二歩)や、▲3八飛からの桂頭攻めなど、先手は攻め筋に困らず指しやすいでしょう。

5二飛型

△2二飛に代えて、中飛車の形を活かす作戦も考えられます。

丸山ワクチン基本図以下 △5一飛▲5八金△3二金▲6六歩△4四銀▲3六歩△3三桂(下図)

これも非常に自然な進行ですが、△3三桂にはやはり▲7七銀から▲6七角と打って、居飛車かなり指しやすいはず。

上図以下 ▲7七銀△8四歩▲6七角(下図)

△2二飛型の穏やかな展開と同様の進行になります。

最後に

丸山ワクチンは超速の陰に隠れてしまいがちですが、愛好者も多く、非常に有力で指しやすい作戦の一つです。ゴキゲン中飛車対策のレパートリーを増やす意味でも、とてもおすすめ。

おすすめ関連書籍

丸山ワクチンだけを対象にした棋書ではありませんが、アマチュアにおすすめな戦法として、かなりのページ数が割かれています。丸山ワクチンを取り扱った数少ない定跡書。
タイトルとURLをコピーしました