棋書

将棋上達の近道!おすすめな詰将棋本を棋力別にまとめてみました

将棋の上達の肝は何といっても詰将棋。初心者だろうと有段者だろうとこの基本は変わりません。この記事では、棋力別におすすめの詰将棋の本をまとめています。

初心者向け、中級者向け、上級者向けに分かれて紹介しています。「初心者向け」の中でも上から下にいくにかけて難しくなっていくようにしています。自分の上達に合わせて進んでいくのが良いと思います。

是非、詰将棋選びの参考にしてください。

スポンサーリンク

初心者向け

※下に行くにつれて難易度が高くなっていきます

今からまさに将棋を始めるという方は、1手詰めから始めましょう。1手詰めだからといって舐めてはいけません。

手数関係なく、たくさん局面図に接することで頭が将棋に慣れてくると思います。実戦のみでなく詰将棋も大きな役目を果たします。

2冊紹介していますが、1手詰めの段階では両者に大した違いはありません。好みで大丈夫です。

ひと目で一手詰みがみえるようになったと思ったら次のステップに進みましょう。

3手詰将棋(著:高橋道雄九段)

1手詰めがすらすらと解けてきたなら、3手詰めにチャレンジします。最初に取り組む3手詰めは、高橋九段の詰将棋シリーズがおすすめです。

将棋の基本は「3手の読み」。1手詰めの段階ではいかに相手玉を詰ますか、自分の手を探るだけでしたが3手詰めでは相手の対応を考えなければいけません。

3手詰めがスラスラ解けるようになったということは、棋力向上の第一歩です。自分の手だけでなく、相手の対応についても読めるようになったからですね。

3手詰めハンドブック(著:浦野真彦八段)

こちらも3手詰ですが、高橋九段のものに比べて若干難易度は上がります。高橋九段の3手詰めが解けるようになってきたら、ハンドブックに手を出してみましょう。必ずしも2シリーズ買う必要はありませんが、詰将棋が好きになっていった、という人はぜひこちらのシリーズも解いてみると良いと思います。

1,2と2つ出ていますが、難易度に大した差はありません。

スポンサーリンク

中級者向け(ウォーズ3~2級以上)

※下に行くにつれて難易度が高くなっていきます

5手詰将棋

この高橋先生のシリーズの一番の特徴は「実践的」である点です。そのため問題もかなり解きやすい構成です。この5手詰めに関しても実戦さながらの問題が多く、手を付けやすい本です。

5手詰ハンドブック

5手詰めくらいになってくると、著者の味が出てきます。浦野先生の詰将棋は詰め上がりやその手順がきれいですね。詰将棋らしい手順もどんどん増えていきます。高橋先生のものとはまた違う長所があります。

上級者向け(ウォーズ初段以上)

※下に行くにつれて難易度が高くなっていきます

7手詰将棋

5手詰めに飽きてきた、もう少し難しいものを解きたいとなったら次は7手詰めです。やはり高橋先生のシリーズは実戦的で解きやすい。新しいレベルの詰将棋を始めるときはこのシリーズを最初に選ぶのが良いでしょう。

7手詰ハンドブック

最後の関門。やや複雑な問題やかなり見えにくい問題も増えてきます。これがスラスラ解けるようになることを目標に頑張っていきましょう。

詰将棋は基本この2シリーズでOK

初心者~上級者までは、今まで紹介してきた浦野先生のハンドブックシリーズ高橋先生の詰将棋シリーズのみで十分です。というか、私は基本このシリーズ以外の詰将棋本は持っていませんし、この2シリーズのおかげで棋力が向上していったと思っています。7手詰がスラスラ解けるようになるまでは、本当にこの2シリーズでOKです。

この2シリーズの特徴として

大きさが丁度良い
約200問収録と問題数も丁度良い

点が挙げられます。無駄に大きい詰将棋本を見かけますが、こういった簡単に持ち運べるサイズのものがおすすめです。

高橋先生の詰将棋シリーズの場合は実戦的なものが多く、玉の位置も実戦にそのまま出てきそうなものばかりです。ですので問題としてはかなり「解きやすい」部類に入ります。

浦野先生のハンドブックの場合はもちろん実戦的な要素も多いのですが、それ以上に「詰将棋らしさ」が出ています。きれいな詰まし手順やハッとするような詰み上がりなど。高橋先生のシリーズと比べると難易度が上がります。

詰将棋を解くコツとは?

詰将棋は手筋の宝庫です。「玉を危険地帯におびき寄せる」「逃げ道を捨て駒で封鎖する」「金は斜めに誘え」「邪魔駒消去」など、数えきれないようなテクニックや格言が詰将棋の手順には隠れています。

玉をどこにおびき寄せられれば捕まるか、逃げ道はどこか、邪魔な駒は何か、などに焦点を当てながら考えると解きやすいと思います。

詰将棋の効果とは?

詰将棋の効果は大きく分けて2つあると考えています。

1.読む力を鍛える
2.詰みの形を覚える

1は簡単ですね。詰将棋を解くためには自分で数手先まで「読む」必要があります。それを繰り返していけば「読み」の力を強くすることにつながります。余談ですが、プロ棋士の方が盤面の外(窓など)を見て考えている姿を見たことがないでしょうか。プロの方は盤面を見ずに頭の中で様々な変化を考えているというわけです。「脳内将棋盤」ともいったりします。詰将棋を解き続けることで「脳内将棋盤」も作られるかもしれませんね。2についても、詰将棋には様々な詰みの形が出てきます。先程は様々な手筋やテクニックがでてくるといいましたが、これもその延長線上のようなものでしょうか。

f:id:game3578:20180404110448p:plain

例えばこちらの局面(適当です)。ある程度の棋力がある方なら後手玉が即詰みなことは一瞬で分かったでしょう。

後手玉は▲7一角△9二玉▲9三銀△同桂▲8二金 まで(もしくは▲7一角△9二玉▲8二金△9三玉▲7二金△9二玉▲8二角成 まで)の詰みです。

この形をいわゆる「詰みの形」として認識できるということです。これはもちろん実戦によって鍛えられる面もありますが、詰将棋も大きな力となっています。これらは総じて終盤力、さらには将棋の基礎体力を向上させているといえます。また、終盤力を鍛えるために必至本、囲い崩し本などの終盤の本を解いていくことも大きな効果があります。おすすめの終盤の本についてはこちらで紹介しています。

【将棋】終盤力強化へ!おすすめの終盤の本10選!
将棋で最も重要なのは「終盤」です。もちろん序中盤も大切ですが、やはり将棋の目的は「相手の玉を詰ます」ということですから、終盤の力がないと勝ちには結び付きません。 この記事では、詰将棋とは別に寄せや囲い崩しなど終盤に特化したおすすめの手...

ちなみに、この詰みの手順も捨て駒による逃げ道封鎖のテクニック(後者の場合は空き王手~合い利かず)を利用していますね。

おすすめの詰将棋の勉強法についてはこちらの記事で紹介しています。

滅茶苦茶おすすめな詰将棋を使った勉強法
この詰将棋を使った勉強法は、僕が初段になってから連敗が続き伸び悩んだ時に実行したものです。約1ヶ月間継続し、見事?二段に昇段できましたのでたぶんいくらかは効果的だと思います。初心者から有段者まで幅広い棋力帯の人におすすめです。 やったこと...

最後に:KindleUnlimitedを活用しよう

KindleUnlimitedはKindleの提供する電子書籍の読み放題サービス。月額980円のサブスクリプションです。KindleUnlimitedに登録すれば(初月は無料、途中で解約も可能)、対象の書籍を無料で楽しむことができます。KindleUnlimited読み放題対象の棋書一覧はこちら。かなりの数の棋書が読み放題対象になっています。

棋書って一冊一冊が意外と高くなりがちなので、読み放題に登録しておくが結局お得だったりします。

スマホで読むのも構いませんが、これから長く使うかも、という方はKindleの電子書籍リーダーも試してみてください。。

タイトルとURLをコピーしました