ソフト・アプリ

【アプリ】将棋初心者が絶対に入れるべき無料のアプリ7選を紹介!

将棋の勉強に意外と役立つのがスマホの「アプリ」。どこでもスマホさえあれば使うことのできる手軽さが魅力です。

この記事では、将棋初心者が絶対に入れるべき無料の将棋アプリを5つ紹介します。どれも様々な側面から将棋の上達をサポートしてくれる、おすすめな、良アプリです。

一部課金要素のものもありますが、無料版で十分に楽しめる範囲のものを紹介しています。

スポンサーリンク

将棋ウォーズ

将棋ウォーズ

将棋ウォーズ

HEROZ無料posted withアプリーチ

言わずと知れた将棋対戦アプリ、将棋ウォーズです。様々な将棋対戦アプリがありますが、初心者から有段者まで楽しめるアプリです。

将棋の上達には実戦が欠かせませんが、なかなか道場に行く機会もないと思います。そんなときに気軽にネット上で対局を楽しむことができるのがこの将棋ウォーズ。

将棋ウォーズは、HEROZが運営し日本将棋連盟公認の将棋対戦アプリで、利用者数は120万人を超えています。

マッチングは完全自動化されていますし、使った戦法や囲いのエフェクトが出てコレクションをできるのも、楽しみの一つです。

数々の棋士のアバターや、定期的に開催される大会など利用者を飽かすことのないコンテンツも魅力です。

また将棋ウォーズの大きな長所となっているのが、将棋ウォーズでの段級位で免状や認定上の申請ができるという点です。自分の棋力をしっかりと証明できるものを持つというのは大きなモチベーションです。(本来ならば免状・認定状は道場に行って段級位を上げないと獲得できない)

ですが、将棋対戦アプリとしての欠点が3つあります。

欠点

・無料版だと一日3局だけ(無制限に指したい場合は課金)

・10分切れ負け・3分切れ負け・10秒将棋と持ち時間はどれも短め

・「棋神」と呼ばれるソフトによる代指しシステムあり

まず、無料版だと1日3局までの制限がついてしまうというのはそこまで問題ではなかったりします。一日にたくさん数をこなすよりも一局を大事に指す方が棋力が上がる気がします。

持ち時間については、確かに短めになっています。切れ負け将棋だと終盤は相手の時間を切らすゲームになってしまいがちですし、やはりはじめのうちに3切れや10秒将棋をやるのは慣れていないと難しいです。

メインは10分切れ負けで、たまに3切れや10秒をやるのが良いと思います。

「棋神」の存在についても度々議論になる部分です。棋神は、将棋ウォーズが課金要素にしているものの一つで、将棋ソフトがプレイヤーの代わりに一定手数指してくれるというものです。

途中から棋神を連打されて負けた…なんてなると切れそうになることも多いと思います。ただしこれはそういうルールなので受け入れるしかありません。

スポンサーリンク

ぴよ将棋

ぴよ将棋

ぴよ将棋

STUDIO-K Inc.無料posted withアプリーチ

将棋ウォーズは対人戦メインのアプリでしたが、ぴよ将棋はどちらかというと対コンピュータ戦メインのアプリです。

人vsコンピュータのモードでは、レベル別に分かれたAIと対局ができ、しっかりと局後の検討までサポートされています。コンピュータのレベルは結構細かく分けられていますし、トップレべルのモードはかなりの強さになるので目標を立てながらコンピュータと対戦していくとモチベーションも保ちやすいと思います。

人vs人のモードもちろんあり、その場合はそのままリアルでの対人戦で使うことなんかができますね。

ぴよ将棋は、一手指すごとに「ピヨピヨ」と効果音を発します(設定で変更できます)。

自由将棋盤

自由将棋盤

自由将棋盤

Kazuya Maeda無料posted withアプリーチ

こちらは滅茶苦茶シンプルなアプリです。ですがそのぶん使い方はさまざま。

気軽に盤面を動かしてみることもできれば、棋書を並べてみたり、プロの棋譜を並べて見たりなどと、とにかくいろいろな使い方が可能です。

機能として棋譜の読み込みや出力、取得もできるので見た目以上にできることが多いアプリです。

同じ作者さんが将棋の定跡のアプリも作っているので、そちらもおすすめです。

Kindle

Kindle

Kindle

AMZN Mobile LLC無料posted withアプリーチ

将棋を指す指さないにかかわらず入れている方も多いであろうKindleです。

電子書籍がどんどんメジャーになっていますが、棋書も例外ではありません。多くの棋書をスマホやタブレット上で見ることができます。

電子書籍は印刷費がかからない分安かったり、人ごみの多いところでも気軽に読めたり、本棚を占領しなかったりと紙の本よりもメリットが多いと思います。もちろん紙の本の良さもありますが…。

全ての棋書ではないのですが、Kindleで販売されている棋書の中にはKindleUnlimitedという月額980円の書籍読み放題サービスの対象となっているものもあります。コスパよく棋書を読みたいという方におすすめです。30日間の無料体験もあるので、気軽に登録してみてください。

KindleUnlimited 無料体験

AbemaTV

ABEMA(アベマ)

ABEMA(アベマ)

株式会社AbemaTV無料posted withアプリーチ

こちらも将棋の棋戦を見ることができます。「ネットテレビ局」で、常に番組をやっているので、生中継のみでなく過去の放送などもやっています。もちろんスポーツやニュース、バラエティなど将棋以外のコンテンツも充実しています。

会員登録なしで視聴できるため、何より手軽に利用できます。

かなり新しいサービスですし、画質がかなりきれいです。こちらは完全に無料で楽しめるサービスです。将棋の棋戦を見たい方はniconicoかAbemaTVだと思いますね。

niconico

ニコニコ動画

ニコニコ動画

DWANGO Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

殿堂です。老舗の動画投稿サイトですね。niconico生放送上で、将棋の棋戦が生中継されています。

コメントが動画に流れるのが特徴であるように、視聴者にかなり近い媒体でもあるので、飽きることなく楽しむことができます。

有料のプレミアム会員もありますが、一般会員のままで特に不便はありません。

ただしプレミアム会員は生中継を優先して見られたり、画質が良くなったりするので、これからも継続して使いそうという人は登録しておいても良いかもしれませんね。

詰将棋パラダイス

詰将棋パラダイス

詰将棋パラダイス

KukiLabo無料posted withアプリーチ

最後は、詰将棋アプリの紹介です。8000作品以上の全国のアマチュアの方の考えた詰将棋が投稿されています。

個人的には詰将棋は書籍になっているものを買った方が良いと思っています。なぜなら、アプリとかだと読み筋を自由に盤面で動かせるから。これだと読みの力の習得が半減してしまいます。

とはいえどこでも見ることのできるのは魅力的ですし、無料でここまでの詰将棋を解くことのできるアプリも数少ないです。詰将棋アプリを入れたい人はこちらがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました