将棋の本(棋書・定跡書)を探す >
スポンサーリンク

【将棋初心者向け】向かい飛車戦法の基本定跡と覚えておきたい攻め方を徹底解説

向かい飛車

向かい飛車は、飛車と飛車の向かい合う位置、すなわち8筋(後手であれば2筋)に飛車を回る振り飛車の戦法です。

振り飛車の戦法としては、四間飛車(下図)が特に有名ですが、向かい飛車は四間飛車と比較しても、より攻撃的であるという特徴があります。

四間飛車の定跡については『四間飛車戦法の基本定跡と覚えておきたい攻め方を徹底解説』で詳しく解説しています。

【将棋】四間飛車戦法の基本定跡と覚えておきたい攻め方を徹底解説
ノーマル四間飛車は、振り飛車の王道中の王道。棒銀戦法や右四間飛車、中飛車と並んで初心者にもよくおすすめされる戦法です。ノーマル四間飛車は、対穴熊中心に積極的な作戦が採用されているとはいえ、やはり「受け」主体でカウンターを狙っていく戦法です。...
スポンサーリンク

向かい飛車の基本の組み方

初手から 7六歩 6六歩 7七角(下図)

角道を開け、角道を閉じてから7七角と上がり、8八にスペースをつくります。角道を開けたまま(というより角交換をして)戦う向かい飛車もありますが、今回は角道を止めるタイプの向かい飛車に焦点を絞って解説していきます。角道を止めるタイプは近年指されることは少なくなってきましたが、序盤は局面を落ち着かせて、戦いを起こしたい局面で角道を開けて一気に駒を捌ける、というメリットがあり、おすすめです。

上図から 8八飛 7八銀 6七銀 (下図)

飛車を8八に回って6七に銀を上げれば向かい飛車の基本の形は完成です。ここからは玉を囲っていきます。

上図から 4八玉 3八玉 2八玉 3八銀 5八金左(下図)

振り飛車の囲いには様々ありますが、美濃囲いに囲っておくのが無難でしょう。美濃囲いは金銀の連携が強く横からの攻めに強い、振り飛車の典型的な囲いです。手数もあまりかからず指し回しもしやすいため、迷ったらとりあえず美濃囲いに囲っておけばOK。美濃囲いの指し回しのコツなどについては、『美濃囲いの基本の組み方・発展の手順と指しまわしのコツ』を参考にしてみてください。

【将棋初心者向け】美濃囲いの基本の組み方・発展の手順と指しまわしのコツ
美濃囲いは、振り飛車での最も基本的な囲いです。居飛車相手へのイメージが大きいかもしれませんが、相振り飛車戦でも使用可能。どんな相手にもある程度戦うことができ、かつ覚えやすい、という万人におすすめの囲いです。 【将棋初心者向け】「囲い」とは...
スポンサーリンク

向かい飛車の戦い方(対居飛車)

相手が居飛車であるケースを想定して、序盤の指し回しを見ていきましょう。

初手から ▲7六歩△3四歩▲6六歩△8四歩▲7七角△8五歩▲8八飛△6二銀▲7八銀△4二玉▲6七銀(下図)

相手は飛車先を突いてきますが、かまわず8筋に飛車を守ります。8筋は、7七の角と8八の飛車でがっちり守られています。

上図から △3二玉▲4八玉△5二金右▲3八玉△5四歩▲2八玉△3三角▲3八銀△5三銀▲7八金(下図)

上図は、向かい飛車でよく見られる形。先手の工夫点は、本来は5八に動かすことで、囲いの一部として玉を守る金を7八に置いている点です。玉の守りが少し薄くなる分、バランスの良い構えとなっています。このバランスの良さを活かす意味で、ここからおすすめの手順があります。

上図から ▲8六歩△同歩▲同飛(仕掛け図)

8六歩から早速仕掛けてしまうのがパワフルな手順。▲8六歩△同歩▲同飛として、飛車をぶつけていきます。後手としては、△8六同飛と飛車交換に応じる手、または△8五歩などと飛車交換を拒否する手の両方が考えられます。

△8六同飛(飛車交換に応じる)

仕掛け図から △8六同飛▲同角(下図)

飛車交換に応じてくれば、同角と取って先手何の問題もなし。先手と後手の陣形を比較してみると、後手陣には飛車の打ち込みの隙がたくさんあるのに対して、先手陣には(7八の金のおかげで)飛車の打ち込みがありません。

後手から△6九飛と打ち込まれるようにも見えますが、それに対しては▲8七飛や▲8八飛(下図)と打っておいて問題なし。

後手の飛車は動ける場所がなく、次に5九金と寄せて飛車を捕獲することができます。それに対して、先手からは8二の地点に飛車を下ろし、桂馬や香車を取っていく手順があり、これははっきり先手有利でしょう。

△8五歩(飛車交換を拒否する)

仕掛け図から △8五歩▲8八飛(下図)

飛車交換に応じてこない場合は、8八飛と引くよりありません。歩をこちらだけ手にして、このままでも振り飛車十分ですが、ここからさらに優位を広げていくために、おすすめの攻め筋があります。

上図から △3二銀▲7五歩△6四銀▲7六銀(下図)

7筋の歩を伸ばして、銀を進出させましょう。7六に銀を置いてみると、これはもう先手有利。8五の歩が受けづらく、最終的に8五銀と歩を取れれば、逆棒銀による飛車先の逆襲が成功します。6五歩から銀を追い返す手順などもあり、先手かなり指しやすい形。この7五歩+7六銀の攻め筋はメリケン向かい飛車としても知られています。

スポンサーリンク

覚えておきたい攻め筋

向かい飛車は飛車が相手の飛車と向かい合わせの位置にあるので、時に居飛車側に思わぬ一撃を喰らわせることができます。例えば下図のような局面。よく出てきそうなありきたりな局面ですが、実はここで振り飛車からの攻めが成立します。

上図から ▲8六歩△同歩▲同角(下図)

▲8六歩△同歩に▲同飛ではなく▲同角として、何とこの手が王手。王手なので、後手としては何らかの手段で王手を防ぐ必要がありますが、例えば△5三銀などとすると、▲5三角成△同玉▲8二飛成(下図)で先手大優勢。

どんな合駒をしようとも、どこに玉が逃げようとも、角を成って飛車を素抜く筋があります。

スポンサーリンク

向かい飛車の対策法

居飛車側としては、6四の歩を早めについておくことで、向かい飛車からの攻めをけん制することができます(下図)。

ここで先手は▲8六歩△同歩▲同飛(下図)としたいところ。

これで何の問題もないように見えますが、△同飛▲同角△6五歩(下図)という居飛車からの攻め筋も存在します。

▲同歩△9九角成はまずいですし、▲7七角△6六歩▲同銀歩△5九飛(下図)は銀桂両取りとなってしまいます。

6筋の歩を突かれた状態での激しい攻めは△6五歩というカウンターがあり、残念ながら成立しないことが多いです。

スポンサーリンク

相振り飛車での向かい飛車戦法(相振り飛車)

向かい飛車は、相振り飛車でも有力な戦法です。向かい飛車は8筋という相手玉に非常に近い位置を攻撃することができるのが理由です。中飛車や四間飛車など、中央寄りのエリアを攻める戦法と比較したときの向かい飛車(+三間飛車)の優位性はよく知られています。

初手からの指し手 ▲7六歩△3四歩▲7五歩△4四歩▲7八飛△4二銀▲4八玉△4三銀▲3八銀△3三角▲3九玉△2二飛(下図)

上図以下、先手は▲7四歩△同歩▲同飛から7六に飛車を引いて石田流の形に構え、後手は2筋の歩を伸ばしてから△2六歩▲同歩△同飛▲2七歩△2四飛とし、お互いに飛車を中段に構える展開が考えれます(下図が一例)。

スポンサーリンク

最後に

向かい飛車は角道を止めるノーマル振り飛車の中でも破壊力抜群の戦法です。大駒を交換する激しい展開になることも多く、指し回すのは簡単ではありませんが、定跡をしっかり覚えれば強い武器になることは間違いないでしょう。

おすすめ関連書籍

将棋の本を読むならKindle Unlimitedがおすすめ

Kindle Unlimitedとは?

Kindle Unlimitedは、Amazonの電子書籍読み放題サービスです。月額980円で、200万冊以上のKindle電子書籍が読み放題となります。今なら30日間無料で棋書が読み放題になります。

>>Kindle Unlimitedで読み放題になる棋書一覧

>>将棋指しがKindle Unlimitedを活用すべき理由

Kindleを始めるには?

Kindleを始めるには、Kindle Paperwhiteのような電子書籍専用のタブレットを買うのももちろんおすすめですが、無駄な出費を抑えたければ普段使っているスマホやタブレットからKindleのアプリをダウンロードするだけでOK。難しい作業は一切ありません。
Kindle

Kindle

AMZN Mobile LLC無料posted withアプリーチ

タイトルとURLをコピーしました
公開日:2022年3月13日