奇襲戦法・B級戦法

【将棋】マイナーだけど有力!嬉野流の基本定跡と指し方まとめ

プロ間で用いられることは滅多にありませんが、アマチュア間では愛用者もいる「嬉野流」。決してメジャー戦法ではないですが、自分の土俵で戦えることが魅力の戦法です。

基本的には力戦志向なので、未知の局面でいかに戦えるかが問われる戦法でもあります。

スポンサーリンク

嬉野流とは

嬉野流はアマチュア強豪の嬉野宏明氏が開発した奇襲戦法です。奇襲戦法といっても、鬼殺しなどのような嵌め手一発狙いの戦法ではなく、相手が正しい対応をしても互角にたたくことのできる戦法です。

▲6八銀△3四歩▲5六歩△8四歩▲5七銀△8五歩▲7八金△6二銀▲7九角(下図)

f:id:game3578:20180702200817p:plain

引き角+斜め棒銀が嬉野流の代名詞。多くの場合は、左銀だけでなく右銀を繰り出していきます(特に相居飛車)。

f:id:game3578:20180702200853p:plain

この方が攻めに厚みがつき、安定します。この形を作ってから棒銀をするなり、中央から攻めていくなりしていけば相当勝ちやすいと思います。

スポンサーリンク

嬉野流の序盤定跡(相居飛車)

定跡というほどの定跡は整備されていませんが、基本的な戦い方などはある程度決まった形があります。

基本の攻め方

▲6八銀△3四歩▲5六歩△8四歩▲5七銀△8五歩▲7八金(下図)

f:id:game3578:20180702200935p:plain

▲6八銀~▲5六歩~▲5七銀と、5六の歩を銀が支えられる形を作ります。以前は銀の進出を後回しにし早めに引き角にする指し方が多かったですが、今ではこちらが主流ですね。5六の歩を取られてしまうと、陣形を組み立てづらいので最序盤の段階ではなるべく取られないようにしましょう。

相居飛車の嬉野流においての狙いの一つは2四の地点での駒捌きです。棒銀の要領で銀交換ができれば満足ですし、角交換までできれば大満足です。

f:id:game3578:20180702201102p:plain

ただでさえ陣形の薄い嬉野流で、片方の銀だけを突進させるのは危ないです。こんな感じに一直線の攻めだけでなく、右銀も活用して二枚銀ような形をつくれると中央も厚くなり負けずらい形です。

棒銀対策

嬉野流は、ぱっと見8筋の守りが金一枚で守りが薄そうです。だからか、嬉野流対策で棒銀を使ってくる人は結構多いです。ですが嬉野流側にとって棒銀は怖くありません。ここでは嬉野流での棒銀の受け方を紹介します。

6八銀△3四歩▲5六歩△8四歩▲5七銀△8五歩▲7八金△7二銀▲6六銀(下図)

f:id:game3578:20180702201402p:plain

棒銀対策では、こんな感じで銀を左側に使っていきます。

△8三銀▲2六歩△8四銀▲6五銀(下図)

f:id:game3578:20180702201307p:plain

この6六銀~6五銀が嬉野流での棒銀対策の基本です。

△9五銀▲4八銀△8六歩▲同歩△同銀▲8八歩△8七歩▲7六銀(下図)

f:id:game3578:20180702201554p:plain

△9五銀から後手は棒銀で攻めてきますが、銀の進出に対して▲8八歩と低く受けるのが特徴。いかにも嬉野流らしい一手ですね。

それに対して後手も△8七歩と追ってきますが、ここで▲7六銀と引けば綺麗に棒銀が受かっている形です。

△8八歩成▲同金△8七歩にも▲7八金と寄っておいて問題ありません。7六の銀を攻めようとする△7四歩に対しても▲4六角が厳しい一着です。

嬉野流の序盤定跡(対振り飛車)

基本の攻め方(vs四間飛車・三間飛車・向かい飛車)

四間飛車・三間飛車・向かい飛車に対する嬉野流は基本的には「鳥刺し戦法」と同じです。

▲6八銀△3四歩▲5六歩△3二飛▲5七銀△4四歩▲2六歩△4二銀▲2五歩△3三角▲6八玉△6二玉▲7八玉△7二玉▲7九角(下図)

f:id:game3578:20180702201729p:plain

ここから銀を4六に上げていけば斜め棒銀系の戦いになりますし、6六に上げていけば中央を抑えていく感じの戦いになります。

4六に上げる場合は▲3六歩~▲3五歩から速攻をしていくことが多いです。6六に上げる場合は、右銀も一緒に中央に上げていくことが多いですね。

今回は違いますが、相手が四間飛車の場合は4筋の位を取ってくるケースがあります。

f:id:game3578:20180702201856p:plain

銀が前に出せずに嬉野流困っているようですが、これに対しては▲3六歩から3七に桂馬を跳ねてその歩を目標にすると指しやすいです。局面によっては▲4六歩から無理やり攻めていく筋が成立するときもあります。

振り飛車全般に対して注意が必要なのは6四などから角が飛車のコビンを睨んでくるラインですね。相手に上手く角を旋回されないように立ち回りましょう。

基本の攻め方(vs石田流)

石田流に対して嬉野流はかなり有利に戦えます。3五まで伸びた歩はこちらの目標になりますし、相手が浮き飛車にしてくれれば飛車が狭くなり、さらに攻めやすい形になります。

▲6八銀△3四歩▲5六歩△3五歩▲5七銀△3二飛▲7九角△1四歩▲6八玉△1三角▲7八玉(下図)

f:id:game3578:20180702202042p:plain

ここから先手は▲2四歩~▲2五歩~▲2七銀~▲2五銀、といった感じで右銀も棒銀の形で進出させ、3五の歩を狙っていく形になります。

相手がうかつに△3六歩から歩を換えようとしてくると、歩を打って飛車を閉じ込める筋が生まれるので石田流側も攻めずらいです。

嬉野流のバリエーション

嬉野流は多彩なバリエーションが考えられます。発案者の嬉野さんも、引き角棒銀にとどまらない嬉野流の使い方をしています。

初手▲6八銀だったからといって角道を開けないとは誰もいってません…。

屋敷流二枚銀(先手番が嬉野流)

f:id:game3578:20180702202457p:plain

米長流急戦矢倉(後手番が嬉野流)

f:id:game3578:20180702202823p:plain

嬉野流中飛車(後手番が嬉野流)

f:id:game3578:20180702202916p:plain

嬉野流の対策

嬉野流対策については、この記事で詳しく紹介しています。

【将棋】厄介な戦法「嬉野流」のおすすめ対策法まとめ
「相手にすると面倒くさい戦法」の筆頭は嬉野流なのではないでしょうか。無理やり敵陣を突破しようとしてものらりくらりと避けられるし、かといって守りに徹すると相手の引き角棒銀にやられている...。ソフトの評価値では測れないような怖さがあります。 ...

居飛車党なら2五飛車浮き、振り飛車党ならノーマル三間飛車が特におすすめ。

関連書籍

奇襲研究所 嬉野流編

今主流の指し方とは少し違いますが、嬉野流の原点を知るうえで読んでおきたい一冊です。

創始者直伝!新嬉野流

最新系?に近いタイプの嬉野流の棋書です。

超攻撃的矢倉 屋敷流二枚銀戦法

嬉野流から派生して使える「屋敷流二枚銀」の棋書です。

藤森流急戦矢倉

嬉野流から派生して使える「米長流急戦矢倉」の棋書です。藤森四段による改良が加えられて「藤森流急戦矢倉」となっていますが、基礎となっているのは米長流です。

タイトルとURLをコピーしました