奇襲戦法・B級戦法

【居飛車からの有力な対策も】早石田の基本定跡と指し方

▲7六歩△3四歩の序盤で、角道を止めることなく▲7五歩とついていくのが早石田戦法の特徴です(下図)。

f:id:game3578:20211221004200p:plain

△8四歩▲7八飛と飛車を7筋に回り、基本の陣形は完成(基本図)。ここから、飛車が空中を飛び回るような大乱戦が始まります。

f:id:game3578:20211221004210p:plain

早石田は初心者向けの戦法として紹介されることが多いですが、実際には難解な変化が多い戦型です。単なる奇襲戦法とは異なり、明快な対策法があるわけではありません。

スポンサーリンク

早石田の基本定跡

基本図から △8五歩▲4八玉△6二銀▲7四歩(下図)

f:id:game3578:20211221004222p:plain

上図から、さっそく早石田側は仕掛けていきます。なお、▲4八玉を省いて▲7四歩とするのはさすがにやりすぎで、▲7四歩△同歩▲同飛△8八角成▲同銀△8三角(下図)と打たれてしまいます。

f:id:game3578:20211221004242p:plain

▲4八玉には、4七の歩に紐をつけておくという意味合いがあります。なお、▲4八玉の一手に対して後手が△8六歩から仕掛けるのもあせりすぎ。△8六歩▲同歩△同飛▲7四歩△同歩▲2二角成△同銀▲9五角(下図)と、王手飛車が決まります。

f:id:game3578:20211221004319p:plain

ということで、▲4八玉△6二玉の交換を入れてから、▲7四歩と仕掛けるのがベスト。▲7四歩に対しての応手は、2つ考えられます。

スポンサーリンク

▲7四歩に対して△7四同歩

まずは、単に△7四同歩としてくるケースを考えてみましょう。

f:id:game3578:20211221004339p:plain

以下 ▲2二角成△同銀▲5五角△7三銀▲7四飛(下図)

f:id:game3578:20211221004403p:plain

角交換をし、5五の地点に角を添えます。飛車と銀の両取りを同時に防ぐ△7三銀は絶対の一着。それに先手は▲7四飛と思い切って走ります。

△7四同銀なら▲8二角成で馬を作っている分先手がはっきりよし。次の先手の狙いは当然▲7三飛成△同桂▲同角成なので、後手はそれを防ぐ必要があります。△7二金に対しては▲2二角成としておいて、飛車は取られても銀桂香を回収しておいて先手よし(下図)。

f:id:game3578:20211221004914p:plain

後手からは△6四銀または△6四角のどちらかが有力です。

△6四銀

△6四銀は、7三の銀を自然に動かして角に当てる自然な一手。

ただし、△6四銀には思い切って▲同飛と取る手が成立します。

以下 ▲6四同飛△同歩▲同角△7三歩▲7四歩△6二飛▲5三角成△6七飛成▲6八銀△8七龍▲7八銀打△8八龍▲7三歩成(下図)

f:id:game3578:20211221004428p:plain

▲7三歩成までが定跡化された手順。将来の▲7四歩から桂馬を取りに行く手順や、龍を捕まえる手順が残されており、先手よしというのが一般的な見解です。

△6四角

△6四角と、しっかりと角を使って受ける手も有力です。

f:id:game3578:20211221004530p:plain

△6四角に対しても、▲7三飛成と龍を切っていく手順が成立します。

以下 ▲7三飛成△5五角▲8二龍△同角▲8四飛△7一金▲8三飛成(下図)

f:id:game3578:20211221004612p:plain

こちらも、▲8三飛成までが定跡の手順。まだまだ難しい展開ではありますが、先手は龍を作れた分満足できます。なお、△7一金に代えて△7二金には▲8三銀と打ち込んでいくのがおもしろいでしょう(下図)。△7三角や△7三金にも△8五飛と歩を回収しておけば攻めが続きます。

f:id:game3578:20211221004648p:plain

また、最初の▲7三飛車△5五角に代えて単に△同角や△同桂だと、桂頭に歩を打たれる手順が厳しくなり、先手有利。△5五角が最善です。

▲7四歩に対して△7二金

△7四同歩は素直過ぎたということで、△7二金とするのが居飛車側の最有力の変化です。

f:id:game3578:20211221004703p:plain

以下 △7二金▲7三歩成△同銀▲7四歩△6四銀(下図)

f:id:game3578:20211221004722p:plain

△6四銀と上がった局面は、先手からこれ以上の攻めがありません。落ち着いた戦いになり、早石田の狙いは失敗に終わります。

久保新手▲7五飛

△7二金に対して▲7五飛と浮くても実戦で指されたことがあります(下図)。狙いとしては、角交換をしてから、▲7七桂~▲8五飛と飛車交換を挑む手順です。

f:id:game3578:20211221005446p:plain

ただし、▲7五飛に対しても△7四歩としておいて、▲同飛△8八角成▲同銀△7三銀▲3四飛△4五角▲3五飛△6七角成(下図)で先手不利。

f:id:game3578:20211221005347p:plain

まとめ

乱戦模様になる△7四同歩に対しては、早石田側も十分に戦うことができます。その一方で、落ち着いて△7二金と備えられた場合、攻めをつなげるのはかなり困難になります。

早石田側不利との結論が出ている現状では、基本図の局面から▲7四歩と仕掛けるのではなく、▲3八玉として穏やかな変化(升田式石田流)に合流するのが得策に思えます。その意味では、早石田の早い仕掛けについては、研究の余地があるとはいえ、現段階では「奇襲戦法」と呼ばざるを得ないといった感じでしょうか。

その他の奇襲戦法については、こちらの記事で紹介しています。

【基本定跡】将棋初心者におすすめ!おすすめの奇襲戦法(嵌め手)の指し方まとめ
将棋を始めて少し経った人が触れるべきなのは、将棋の「戦法」です。将棋の戦法とは、一言で言えば「将棋の攻め方」のこと。先人の努力によって、多種多様な戦法が考え出されています。その多くは綿密な研究のもとに考えられたものですが、その中にはいわゆる...

関連書籍

早石田に限らず、角交換型の石田流を学ぶ方へのバイブルです。非常におすすめ。

タイトルとURLをコピーしました