将棋の本(棋書・定跡書)を探す >
スポンサーリンク

【初心者向け】「鬼殺し戦法」の基本定跡と指し方

奇襲戦法・B級戦法

鬼殺し戦法は、おそらく数ある戦法のなかで最も広く名の知られている奇襲戦法でしょう。▲7六歩△7四歩▲7七桂から始まる、独特な序盤が特徴的です(下図)。

f:id:game3578:20211220231708p:plain

鬼殺しの基本の狙いは7三の地点に歩・桂・角・飛を殺到させ、敵陣突破を狙うことです。しかし、奇襲戦法なだけあって、相手から正確に応じられると鬼殺し側不利になってしまいます。今回は鬼殺しの成功例を一つ、そして失敗例をいくつか紹介してこうと思います。

スポンサーリンク

鬼殺しの成功例

初手から ▲7六歩△7四歩▲7七桂△8四歩▲6五桂△6二銀(下図)

f:id:game3578:20211220235332p:plain

先手は7七から6五に桂馬をジャンプさせ、▲6五桂に対して後手が5三の地点を守ろうと、△6二銀と上がった局面。実は、この局面ではもう鬼殺し側の成功が決まっています。

以下 ▲7五歩△6四歩(下図)

f:id:game3578:20211220235351p:plain

先手は7五の歩をさらに伸ばし、後手は6四の歩をついて桂馬取りを見せます。△6四歩は実は重要で、△8五歩などと無視していると、▲7四歩△同歩▲2二角成△同銀▲5五角(下図)と、飛車と銀の両取りが決まってしまいます。

f:id:game3578:20211220235409p:plain

△6四歩に対して、先手はボーっとしていると桂馬を取られてしまうので、さっそく動いていく必要があります。

以下 ▲2二角成△同銀▲5五角△3三銀(下図)

f:id:game3578:20211220235427p:plain

先手は角交換し、5五の地点に角を沿えます。▲5五角は銀取りの一手なので後手は何とかして受ける必要があります。△3三銀に対して先手は次に▲6四角と、6四の歩をはらいます。

以下 ▲6四角△5二金右▲7四歩△6三金(下図)

f:id:game3578:20211220235441p:plain

▲6四角は、次に5三に桂馬を成り込んでいく手を見せているので、後手はこちらも受ける必要があります。△5二金右が自然ですが、それに対しても▲7四歩と攻撃を続けます。△7四同歩には▲8二角成から飛車を取ることができるので、後手は△同歩はできません。△6三金と金を上げて7筋に利かしつつ、角に当てるのがぴったりにみえますが。。。

以下 ▲7八飛△6四金▲7三歩成(下図)

f:id:game3578:20211220235451p:plain

7筋に飛車を回ることによって駒の利きをさらに足し、△6四金と角を取る手にも強く▲7三歩成としておけば、先手優勢。以下、△同桂▲同桂成△同銀▲同飛成(下図)と、飛車を成り込めます。こうなれば先手大成功。

f:id:game3578:20211220235502p:plain

スポンサーリンク

鬼殺しの失敗例

と、ここまで綺麗な成功例を見てきましたが、ほとんどの場合鬼殺しは失敗に終わります。先ほどまでの手順は後手が先手にとって都合の良い変化を繰り返してきた場合の結果です。後手からは、鬼殺しに対しての有力な対策がいくつもあります。

△6二銀に代えて△6二金

一番有名な鬼殺しの対策法は、6手目△6二銀に代えて△6二金です(下図)。

f:id:game3578:20211220235514p:plain

こちらは非常に有名な鬼殺しの対策定跡で、詳しくは『絶対に覚えておきたい「鬼殺し戦法」の対策定跡まとめ』で紹介しています。

【将棋】絶対に覚えておきたい「鬼殺し戦法」の対策定跡まとめ
将棋を指していて、最初のうちに一番悩まされるのは、鬼殺し戦法に代表される奇襲戦法です。奇襲戦法とは、文字通り奇襲を目指す戦法、つまり嵌め手です。相手にするのはかなり厄介ではありますが、結局のところは嵌め手でしかありません。しっかりと、正確に...

△8四歩に代えて△6二銀

鬼殺し対策は△6二金だけではありません。例えば3手目、△8四歩に代えて後手が△6二銀としてきたパターンをみてみましょう。先ほどと同様に▲6五桂と跳ねる手に対しては、△6四歩(下図)とされて、これ以上の攻めがありません。

f:id:game3578:20211220235539p:plain

▲2二角成△同銀▲5五角△3三銀▲6四角(下図)はあり得る展開ですが、先手の7六の歩が十分に伸びきっておらず、攻めになっていません。

f:id:game3578:20211220235549p:plain

後手から、例えば△7七角などと打ち込まれて、先手苦しい展開です。ということで、鬼殺しは基本的には成功しません。

スポンサーリンク

鬼殺しの活路

鬼殺しの奇襲が成功しなくても、じっくりとした戦いにすればやっていけるのではないか、と考えがちですが、あまりそうともいえません。そもそも鬼殺しの基本の形(7七の桂)がひどい悪形で、角と飛車の両方の利きをふさいでしまっています(下図)。

f:id:game3578:20211220231708p:plain

桂馬は後戻りのできない駒でもあるので、この先修正のしようもありません。速攻は基本的には不利になり、持久戦になっても、この悪形ではどうしようもありません。

鬼殺しに近い戦法として、「鬼殺し向かい飛車」や「新・鬼殺し」などの戦法も考案されています。しかし、これらの戦法は鬼殺しから着想を得たにすぎず、鬼殺しとは全く別の戦法。

スポンサーリンク

まとめ

奇襲戦法としての鬼殺しは、初心者相手に通用することはあっても、級位者以上には通用しないと思っておいた方がよいでしょう。鬼殺しの対策法についても『絶対に覚えておきたい「鬼殺し戦法」の対策定跡まとめ』で解説しています。

【将棋】絶対に覚えておきたい「鬼殺し戦法」の対策定跡まとめ
将棋を指していて、最初のうちに一番悩まされるのは、鬼殺し戦法に代表される奇襲戦法です。奇襲戦法とは、文字通り奇襲を目指す戦法、つまり嵌め手です。相手にするのはかなり厄介ではありますが、結局のところは嵌め手でしかありません。しっかりと、正確に...

奇襲戦法に興味のある方は、『初心者におすすめの奇襲戦法(嵌め手)の定跡と基本的な指し方まとめ』もおすすめです。将棋の奇襲戦法の定跡をまとめて紹介しています。

【将棋】初心者におすすめの奇襲戦法(嵌め手)の定跡と基本的な指し方まとめ
将棋を始めて少し経った人が触れるべきなのは、将棋の「戦法」です。将棋の戦法とは、一言で言えば「将棋の攻め方」のこと。先人の努力によって、多種多様な戦法が考え出されています。その多くは綿密な研究のもとに考えられたものですが、その中にはいわゆる...
タイトルとURLをコピーしました
公開日:2021年12月21日