将棋の本(棋書・定跡書)を探す >
スポンサーリンク

【将棋】右矢倉の基本の組み方と指し方のコツ

初心者講座

右矢倉は、相振り飛車でよく用いられる囲いの一つ。右矢倉という名前からも分かるように、居飛車を代表する囲いである矢倉囲いを左右反転させたような形です。

もっと他の囲いを知りたいという方は、こちらの記事をご覧ください。主要な将棋の囲いを戦型別に紹介しています。

【初心者向け】将棋の主要な囲い一覧(居飛車・振り飛車別)
囲いとは 囲いとは、一言で言えば王様の城。玉の初期位置は5九ですが、ここの位置のまま戦いを始めるのはとても危険です。なので、ほとんどの場合は序盤で玉をしっかりと囲ってから攻めていきます。将棋の囲いは駒の組み合わせだけ無限にありますが、主要...

初心者におすすめの囲いについても、こちらの記事で解説しています。

【将棋】初心者におすすめの囲いを5つ紹介!簡単に組めて勝率UP!
将棋をはじめてみたものの、なかなか勝つことができない...。そんな方に共通するのは「玉を囲っていない」ということではないでしょうか。将棋で戦うにあたって、玉をしっかり囲うということは基本中の基本です。将棋にはたくさんの囲いがあり、すべてマス...
スポンサーリンク

右矢倉の組み方

右矢倉の組み方は多種多様ですが、今回はその一例を解説していきます。

初手から 7六歩 7七角 8八飛(振り飛車基本図)

右矢倉は振り飛車を使っていることを前提としているので、まずは飛車を振りましょう。今回は相振り飛車でも人気の向かい飛車を採用していきます。

振り飛車基本図から 2八銀 3六歩 3七銀(下図)

2八銀から3七銀と上がり、矢倉の基本の銀の形を完成させます。

上図から 5八金左 4八玉 4六歩(下図)

上図から 4七金 3八玉(下図)

4七金と上がることで、上部にさらに分厚くなります。玉は3筋にさらに動かしていきます。

上図から 2八玉 3八金(右矢倉基本図)

玉は最終的に2八におさまります。最後に4九の金を3八に動かして玉の腹に蓋をすることで、右矢倉は完成となります。

スポンサーリンク

実戦での右矢倉

実戦でよく出てくるのは、相手からの3筋の歩交換に合わせて銀を上がっていくような指し方です。

例えば下図のような局面を想定してみましょう。向かい飛車対三間飛車の戦いで、後手は既に美濃囲いの形を作り始めています。

ここで、後手が3筋の歩交換をしてきました。先手としてはここから様々な展開が考えられます。真っ先に考えつくのは下図のように3七歩と打ってしまう手。

堅実に見えますが、3七の歩をうってしまうと、先手から右矢倉に囲う選択肢は消え、金無双に囲っていくことになります。

【将棋】金無双の基本の組み方の手順と指し回しのコツ
金無双は、相振り飛車(自分も相手も振り飛車の戦い)でよく用いられる囲いです。玉を3筋に配置し、その横に並ぶ金の形が特徴的です。 また、金無双は美濃囲いと並んで、振り飛車で最もおすすめな囲いの一つ。金無双は対居飛車では美濃囲いが...

金無双も優秀な囲いではありますが、せっかく歩交換をしてきたので、この展開を活かしていくべきでしょう。ここでおすすめなのは、3七銀と銀を飛車に当てて上がっていくような展開です。

飛車を引く後手に対してしっかりと3六歩と蓋をして、最終的には下図のように右矢倉を完成させることができます。

相手の歩交換を逆用し、手得を活かして右矢倉を完成することに成功しています。

スポンサーリンク

右矢倉の特徴

右矢倉の長所

上からの攻めへの強さ

居飛車の矢倉と同様、右矢倉は上からの攻めに非常に強い形です。特に3筋が分厚く、三間飛車に対して威力を発揮します。

右矢倉の短所

横からの攻めへの弱さ

こちらも居飛車の矢倉と同様の特徴ですが、美濃囲いや金無双と比べると、横からの攻めに非常に弱くなってしまいます。特に玉の隣の3八の金は狙われやすいので注意。

手数がかかる

完成までに手数がかかるのも右矢倉のデメリットの一つ。「実戦での右矢倉」で紹介したように、なるべく手得をできるような手順で囲いを完成させるのがおすすめです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました
公開日:2022年3月11日