将棋の本(棋書・定跡書)を探す >
スポンサーリンク

【初心者向け】将棋の戦法の選び方ー効率的に強くなるための戦法選びとは?ー

初心者講座

将棋には、様々な戦法があります。まずは居飛車と振り飛車で2通りに分かれ、居飛車の中でも相居飛車であれば相掛かり、横歩取り、角換わり、矢倉の4つの戦型が、対振り飛車でも舟囲いを使った急戦から穴熊を使う持久戦まで。振り飛車を指すにしても、どの筋に飛車を振るかでまずは何通りか、そして伝統的な角道を止める振り飛車を指すか、それとも角交換を厭わない現代振り飛車を指すかで2通りあります。とにかく、戦法にはいろいろな選択肢があり、将棋を始めたばかりの方が迷ってしまうのも仕方がありません。

スポンサーリンク

まずは居飛車か振り飛車かを決めよう

といっても、まずは居飛車を学ぶか振り飛車を学ぶか、これだけは決めておく必要があります。両者には大きな違いがあり、学ぶ内容が異なってきます。居飛車にするか、振り飛車にするか迷っている方は、『初心者におすすめなのは居飛車?振り飛車?』を参考に、決めてみてください。

【居飛車VS振り飛車】初心者におすすめなのは居飛車?振り飛車?
将棋界にはいくつもの結論の出ていない論争があります。そのうちの一つは、「最初に学ぶ戦法は何か」というものです。戦法というのは、要するに将棋の序盤の攻め方のこと。具体的には角をどこに置くか、飛車をどこに置くか、銀や桂馬をどうやって使うか、とい...

両者には違いこそありますが、例え今居飛車から学んだとしても、後から振り飛車を指すことだって、逆に振り飛車から居飛車に転向することだって、簡単にできます(初めてスマホを買う時にAndroidにするかiOSにするか、くらいの違いです)。

スポンサーリンク

賢い戦法選びのコツ(居飛車編)

居飛車は、振り飛車に比べて勉強量が多いです。居飛車党向けの戦法の選び方について、勉強量重視で、紹介していきます。

相居飛車の戦法

相居飛車には4つの戦法(相掛かり・横歩取り・角換わり・矢倉)があります。詳しくは『居飛車党なら知っておきたい!相居飛車四大戦法の定跡と指し方』で解説しているのですが、次の順番で勉強していくのがおすすめです。

・基本の棒銀による攻め方を学ぶ
・相手からの棒銀の受け方を学ぶ
・矢倉棒銀と角換わり棒銀の指し方を学ぶ
・矢倉と角換わりのその他の戦法を学ぶ

ポイントとしては、相掛かりと横歩取りをまともに勉強しないことです。プロ間で人気の相掛かりと横歩取りですが、定跡は難解ですし、指したくなければ拒否もできます。あえて時間をかけて学ぶ必要はありません(ただし相手からの棒銀の受け方は学んでおく!)。その一方で、矢倉と角換わり、特に角換わりは頻出です。最初に学んだ棒銀の知識を活かして、角換わりでの棒銀の攻め方と矢倉での棒銀の攻め方を勉強するのをおすすめします。そして、基本の攻め筋を学んだあとで、角換わりや矢倉の他の指し方について学んでいきます。なお、これらの学ぶべき内容はこちらの記事からある程度吸収できます。さらに深く勉強したい場合は、書籍を買いましょう。

>>棒銀の攻め方

>>棒銀の受け方

>>角換わり棒銀の指し方

>>角換わりの指し方

>>矢倉の指し方

対振り飛車の戦法

対振り飛車については、穴熊は人気ですが難易度が高いです。手数がどうしてもかかるので、穴熊を組んでいる途中に振り飛車側から攻められて潰されてしまうケースが多々あります。なので、最初は急戦から学び、振り飛車に対する基本の攻め筋をマスターしましょう。四間飛車に対しての「4五歩早仕掛け」や「4六銀左急戦」については、こちらの記事で勉強できます。

>>4五歩早仕掛けの指し方

>>4六銀左急戦の指し方

石田流・ゴキゲン中飛車などの角交換を厭わないタイプの現代振り飛車に対しては、こういった急戦作戦はあまりうまくいかないことも多いです。それぞれの戦法に対する個別の対策が研究されてはいるのですが、最初は現代振り飛車相手にも対四間飛車の急戦をそのまま指してみることをおすすめします。もしそれらがうまくいかなければ、その時は現代振り飛車対策の居飛車の作戦を採用すればOK。石田流とゴキゲン中飛車の対策については、こちらの記事で紹介しています。

>>石田流の対策

>>ゴキゲン中飛車の対策

個人的な戦法のおすすめには、ゴキゲン中飛車に対しては一番人気の「超速」または落ち着いた戦いにしやすく、他の戦法にも応用できる「丸山ワクチン」。石田流に対しては、そもそも2手目で8四歩とし、石田流に指せないのがおすすめです(石田流は▲7六歩△3四歩▲7五歩の展開でないとうまくいきません)。大抵は8四歩としても無理やり石田流に振ってきて乱戦模様になるのですが、その場合の変化をしっかりと覚えておけば、怖くありません。

スポンサーリンク

賢い戦法選びのコツ(振り飛車編)

振り飛車の戦法選びは、完全に好みだと思っています。振り飛車の戦法を、角交換するもの、しないもの、そして振る位置で分類してみると下表のようになります。

ノーマル(角交換なし)
現代(角交換OK)
2筋 ノーマル向かい飛車
ダイレクト向かい飛車
3筋 ノーマル三間飛車 石田流
4筋 ノーマル四間飛車 角交換四間飛車
5筋 ノーマル中飛車 ゴキゲン中飛車

落ち着いた戦いが好きなのであれば、伝統的なノーマル振り飛車を指すのが良いでしょう。ノーマル振り飛車の中から選ぶのであれば、断然四間飛車がおすすめ。ノーマル振り飛車の中では最も一般的な作戦で、初心者向けの棋書も多く発売されています。勉強のしやすさでいえばトップクラスの戦型です。

>>四間飛車の指し方

激しい戦いを好むのであれば、角交換を厭わない現代振り飛車を勉強してみましょう。おすすめは先手番で石田流、後手番でゴキゲン中飛車を勉強すること。どちらも先手番、後手番専用の戦法です。石田流には少し奇襲要素の混じった早石田という指し方もあり、勝ちやすさでいえばピカイチです。ただし、振り飛車で最初に学ぶ戦法となれば四間飛車が一般的なため、初心者向けの棋書は四間飛車ほど充実はしていない点に注意。

スポンサーリンク

まとめ:将棋の戦法の選び方のコツ

以上のことを踏まえたうえで、将棋の戦法の選び方のコツをまとめていきます。

勉強量

まず第一に、特に居飛車党になるのであれば、勉強量は意識しておきたいポイントです。居飛車党の勉強量は増やそうと思えばいくらでも増えます。ただし、減らそうと思えば何とか減らすこともできます。

勉強量を減らすためには、「この戦法にはこれ!」と自分の中で特定の戦法に対して指す戦法を決めておくということです。逆に言えば、「この戦法は指さない!」というものを決めておくということでもあります。この「指す」「指さない」は序盤の最初の1・2手で決まってしまうことも。最序盤の指し手の選択が非常に重要になってきます。

人気

戦法を選ぶうえで、戦法の人気は意識してもよいポイントです。これは決して「はやりに乗りたい」などといったことだけではありません。人気の戦法からスタートしたほうが、初心者向けの本も充実していますし、何かわからないことがあったときに質問もしやすいでしょう(ただし、下表の横歩取り3三角などは人気ですが難しく、あまりおすすめはしません)。

参考:人気の居飛車の戦法(体感)

相居飛車
角換わり腰掛け銀・早繰り銀
横歩取り3三角戦法
対振り飛車
居飛車穴熊(対ノーマル振り飛車)
超速3七銀戦法(対ゴキゲン中飛車)
左美濃戦法(対石田流・角交換四間飛車など)

参考:人気の振り飛車の戦法(体感)

ノーマル振り飛車 四間飛車
現代振り飛車 石田流
ゴキゲン中飛車
角交換四間飛車

応用性

どんな戦型にも応用できる戦法というのは、やはり便利です。例えば多くの振り飛車の戦法は、相手がどんな戦法を選んでも自分の指したい戦法を指すことができます。例えば四間飛車を指す場合は、相手がどんな戦法でも四間飛車にすることができます。これは振り飛車の戦法を勉強する一つのメリットです。

居飛車の場合は相手の指す戦法をひとつひとつ対策していく必要があるので、そう簡単にはいきません。しかし、それでも、棒銀戦法や右四間飛車戦法などは、ほとんどの戦法に(相手が居飛車でも振り飛車でも)応用が利く戦法です。

好み

ここまでは勉強量や必要性など、やや実用的な部分にフォーカスしてきましたが、最終的にどの戦法を選ぶのかを決めるのは自分の好み次第です。「好きなプロ棋士が指しているから」などの理由でも構わないと思います。逆に、勉強量が少ないからと言って、あまり自分の好きでない戦法を勉強しても身にならないはず。

タイトルとURLをコピーしました
公開日:2022年7月2日