振り飛車の囲い

【将棋】振り飛車穴熊の基本の組み方と指し回しのコツ

振り飛車穴熊は、振り飛車側の用いる穴熊囲いのこと。居飛車穴熊が玉を左側に囲うのとは反対に、振り飛車穴熊では玉を右側(飛車のいない側)へ囲っていきます。

もっと他の囲いを知りたいという方は、こちらの記事をご覧ください。主要な将棋の囲いを戦型別に紹介しています。

【初心者向け】将棋の主要な囲い一覧(居飛車・振り飛車別)
囲いとは 囲いとは、一言で言えば王様の城。玉の初期位置は5九ですが、ここの位置のまま戦いを始めるのはとても危険です。なので、ほとんどの場合は序盤で玉をしっかりと囲ってから攻めていきます。将棋の囲いは駒の組み合わせだけ無限にありますが、主要...

初心者におすすめの囲いについても、こちらの記事で解説しています。

【将棋】囲いと玉の守り方の基本 ー 将棋初心者向けのおすすめ囲い4選(戦法別)
将棋をはじめてみたものの、なかなか勝つことができない...。そんな方に共通するのは「玉を囲っていない」ということではないでしょうか。将棋で戦うにあたって、玉をしっかり囲うということは基本中の基本です。将棋にはたくさんの囲いがあり、すべてマス...
スポンサーリンク

振り飛車穴熊の組み方の手順

初手から 7六歩 6六歩 6八飛 7七角 7八銀(四間飛車基本図)

振り飛車穴熊は振り飛車の用いる囲いです。まずは代表的な振り飛車の形、ノーマル(角交換をしない)四間飛車の形を作ってみましょう。

四間飛車基本図から 6八玉 7八玉 8八玉(下図)

玉を6八ー7八ー8八へと移動させていきます。この段階では美濃囲いの可能性も残っており、ここから7八銀とすれば美濃囲いに合流します。

上図から 9八香 9九玉(下図)

9八香とすれば、穴熊の意思表示が完了。香車を上げて、玉を入城させます。

上図から 2八銀 5八金左 4八金左(下図)

ここからは金銀を穴熊にくっつけていきます。最も重要なのは2八銀と穴熊にふたをすること。上図のように金を移動させていけば、ひとまず穴熊は完成となります。

上図から 3九金 3八金左(振り飛車穴熊基本図)

さらに金銀を穴熊側に寄せていくことで、囲いを固くすることができます。金銀3枚を2筋3筋に固めれば、振り飛車穴熊囲いの完成となります。

スポンサーリンク

実戦での振り飛車穴熊

4八金型

振り飛車穴熊基本図から一手戻って、4八金の形のまま戦う指し方もよく見られます。4八金のままでも玉は固いので、その一手を攻めに使っていこうという考え方です。

4七金型

上からの攻めに強くする意味で、4六歩から金を4七に置くような形も見られます。4七金型のメリットとして、将来的に飛車を3八に周り、3六歩から仕掛けていくような筋も残しています。

4八飛型

金を囲いにくっつける前に飛車を4筋に回る展開も考えられます。この場合、銀は4七ー5六から玉頭銀風に使っていきます。相穴熊(居飛車も穴熊を採用する展開)でよく見られる指し方です。

レグスぺ(角交換四間飛車穴熊)

振り飛車穴熊はノーマル振り飛車以外と組み合わせることもできます。最も有名なのは角交換四間飛車と振り飛車穴熊を組み合わせたレグスぺという指し方です。

振り飛車穴熊の特徴

振り飛車穴熊のメリット

玉が固い

振り飛車穴熊のメリットは、何といっても玉の固さです。美濃囲いも十分固い優秀な囲いですが、居飛車穴熊の前にはどうしても固さ負けしやすいのが実情。振り飛車穴熊であれば、居飛車の持久戦に大きく固さで負けるということは考えられません。ただし、居飛車穴熊と比較して攻めの銀を守りに使いづらいというのはデメリット。居飛車穴熊と振り飛車穴熊では、どうしても居飛車穴熊の方が固くなりやすいです。ただし、玉のコビンが弱点になりづらい点など、居飛車穴熊に対しての優位点も多くあります。

飛車を4筋方面から使うことができる

4八飛型で紹介したように、穴熊の形を工夫することで右四間飛車風に攻めていくことができます。この攻め筋は居飛車穴熊相手に非常に有効で、相手の玉のそばを争点にすることで、振り飛車側の勝ちやすい展開へ誘導できます。

振り飛車穴熊のデメリット

手数がかかる

美濃囲いと比較すると、どうしても手数がかかるのがデメリット。囲いが中途半端な状態で居飛車に急戦策を挑まれると、どうしても不安定になりがちです。

バランスが悪い

穴熊のもう一つの大きなデメリットはバランスの悪さ。特にレグスぺなど、角交換をした状態で穴熊に組む場合は、自陣への角の打ち込みに注意する必要があります。

タイトルとURLをコピーしました