将棋の本(棋書・定跡書)を探す >
スポンサーリンク

【将棋】舟囲いの組み方の手順と指しまわしのコツ

初心者講座

舟囲いは、居飛車の対抗形(対振り飛車)で頻繁に用いられる囲いです。下図のように、玉を7筋目に配置し、金銀を横に並べます。

f:id:game3578:20211226020555p:plain

今回は、この舟囲いの組み方の手順と、指し回しのコツを解説していきます。舟囲いは将棋初心者にもおすすめの囲いの一つです。そのほかの初心者におすすめの囲いについてはこちらで紹介しています。

【将棋】初心者におすすめの囲いを5つ紹介!簡単に組めて勝率UP!
将棋をはじめてみたものの、なかなか勝つことができない...。そんな方に共通するのは「玉を囲っていない」ということではないでしょうか。将棋で戦うにあたって、玉をしっかり囲うということは基本中の基本です。将棋にはたくさんの囲いがあり、すべてマス...

また、将棋の囲い全般に興味があるという方は、こちらの記事で将棋の囲い一覧についてもまとめているので、ぜひ併せてご覧ください。

【初心者向け】将棋の主要な囲い一覧(居飛車・振り飛車別)
囲いとは 囲いとは、一言で言えば王様の城。玉の初期位置は5九ですが、ここの位置のまま戦いを始めるのはとても危険です。なので、ほとんどの場合は序盤で玉をしっかりと囲ってから攻めていきます。将棋の囲いは駒の組み合わせだけ無限にありますが、主要...
スポンサーリンク

舟囲いの組み方の手順

舟囲いの組み方は非常に短く、手順も比較的シンプルです。

初手から 7六歩ー6八玉ー7八玉(下図)

f:id:game3578:20211226021100p:plain

上図から 5八金右ー6八銀ー5七歩(基本図)

f:id:game3578:20211226020555p:plain

上図が舟囲いの基本図です。後で詳しく解説しますが、舟囲いは左美濃や居飛車穴熊など、居飛車の他の囲いを作るための過程で出来上がる囲い、という意味合いがあります。実戦では基本図の状態で戦われることは少なく、少し金銀の配置を変えた発展形で戦われることが多いです。

スポンサーリンク

舟囲いの発展形

舟囲い急戦の基本形

振り飛車に対しての舟囲い急戦(斜め棒銀や4五早仕掛け)を採用する場合は、左の銀が攻めに活用できるように、舟囲いを少し変形します。

基本図から 6八銀 5七銀 (下図)

f:id:game3578:20211226021350p:plain

※金を6八に上がる形もよく見かけます

舟囲い急戦の基本形の特徴は、囲いと戦法が一体となっている点です。5七の銀は囲いの一部でもありながら、4六方面に進んでいくことで敵陣を攻めるのにもつかわれます。上図から5七銀ー4六銀と銀を進出させるのは、4六銀左急戦(斜め棒銀)とよばれる、おすすめの居飛車急戦策の一つです。詳しくはこちらの記事で解説しています。

【四間飛車対策】斜め棒銀戦法(4六銀左急戦)の基本定跡と指し方
角交換系の振り飛車の台頭にも関わらず、アマチュア間で強い人気を誇る四間飛車戦法。居飛車側からもたくさんの対抗策が考えられています。 今回はその中でも、四間飛車対策としての「斜め棒銀戦法」の基本定跡と指し方について解説してい...

持久戦の基本形

左銀を5七に配置するのに代えて、右銀を5七に配置すると、居飛車持久戦の基本形になります。

基本図から 5七銀(下図)

f:id:game3578:20211226021654p:plain

ここから居飛車側は7七角、6六歩から8八玉などとし、居飛車穴熊や左美濃などのさらに囲い形に変形していくことになります。

【将棋】左美濃囲いの基本の組み方の手順と指し回しのコツ
左美濃囲いは、居飛車の対抗形(対振り飛車)で頻繁に用いられる囲いです。下図のように、玉を8筋目に配置し、金銀を横に並べます。 左美濃囲いという名前からもわかるように、左美濃は「左」にある「美濃囲い」。美濃囲いというと、振り飛車...
スポンサーリンク

舟囲いの特徴

舟囲いの長所

手数がかからない

舟囲いの基本形はたったの6手で完成します。居飛車のその他の持久戦の囲いを完成させるのに10手以上要するのに対して、6手という手数の短さは魅力的です。囲いに手数をかけない分、攻めの陣形整備に時間を費やし、スピード重視で仕掛けることが可能です。

攻めにも活用可能

繰り返しになりますが、急戦策を用いる場合には、舟囲いの形を作ることによって、左銀をシームレスに攻めに参加させつつ、玉の守りを強化することができます。

隙を作らず持久戦の囲いに移行できる

居飛車の持久戦の囲いを採用する場合、100パーセントといってよいほど、舟囲いの形を経由します。舟囲いの形を経由することで、なるべく浮き駒(どの駒の紐もついておらず、狙われやすい’駒)をつくることなく、安全に穴熊や左美濃を完成させることができます。

舟囲いの短所

脆い

舟囲いは手数が短いだけあって非常に脆く、崩されやすい囲いです。穴熊や左美濃を最終的に組むのであれば問題にはなりませんが、急戦策を採用する場合、終盤では舟囲いの脆さが仇になることがよくあります。

舟囲いは、横からの攻めには耐久力がそこそこあります。それでも、6九の金に利いている駒が玉しかないために、下図のように8八から金駒を打たれる筋が常に存在します。同玉には6九竜と、金を取る手があります。

f:id:game3578:20211226022748p:plain

それ以外にも、7六の地点を桂馬で狙われたり(下図左)、8七の地点を桂香で集中的に狙われたりと(下図右)、舟囲いを指すうえで注意すべきポイントがたくさんあります。

f:id:game3578:20211226022941p:plain
f:id:game3578:20211226023018p:plain
スポンサーリンク

最後に

舟囲いは、戦法と一体化された囲いである点、そして持久戦用の囲いへの通過点として機能する点、この2つの点で少し特殊な囲いです。舟囲いをマスターするためには、舟囲いを使う(もしくは経由する)戦法の定跡を学ぶのが一番の近道だと思います。

【四間飛車対策】居飛車穴熊戦法の基本定跡と指し方
ノーマル四間飛車に猛威を奮っている居飛車穴熊。通常の四間飛車美濃と居飛車の戦いはプロ間ではあまり見られなくなってしまいましたが、アマチュア間ではまだ健在。 居飛車側の四間飛車対策についてはこちらの記事でまとめていますが、居飛車...
タイトルとURLをコピーしました
公開日:2021年12月26日