将棋の本(棋書・定跡書)を探す >
スポンサーリンク

【将棋】ゴキゲン中飛車戦法の基本定跡と覚えておきたい攻め方を徹底解説

中飛車

ゴキゲン中飛車は、近藤正和六段の開発した、角道を止めないタイプの攻撃的な中飛車の指し方です。伝統的な中飛車は角道を止めて戦うのが主流でしたが、これでは積極的な戦いができない、ということで、下図のように角道を開けたまま戦うのがゴキゲン中飛車の特徴。

ゴキゲン中飛車はプロ間、アマチュア間問わず非常に人気で、かつ有力な戦法です。今回は、ゴキゲン中飛車の基本定跡と攻め方の基本を解説していきます。

スポンサーリンク

ゴキゲン中飛車の基本定跡

ゴキゲン中飛車は基本的には後手番用の戦法です。先手番でのゴキゲン中飛車の指し方については、後ほど紹介します。

初手からの指し手 ▲7六歩△3四歩▲2六歩△5四歩(下図)

角道を突いた後、真っ先に5四の歩を突くのがゴキゲン中飛車の指し方です。

上図以下 ▲2五歩△5二飛(下図)

飛車先を突いてくる居飛車にも構わず、△5二飛と回ります。

上図以下 ▲4八銀△5五歩▲6八玉△3三角(基本図)

上図がゴキゲン中飛車の基本図です。5筋の歩を伸ばして位を取り、いつでも△5六歩とすることで飛車角を使えるようにします。2筋は3三角と上がってきっちり受けておきます。

△5二飛に▲2四歩には?

上図は△5二飛とした局面ですが、ここで▲2四歩と攻められる手が気になるかもしれません(下図)。

しかし、これは居飛車側の無茶な仕掛け。▲2四歩には△同歩▲同飛△8八角成▲同銀△3三角(下図)のカウンターが成立します。

以下▲2八飛には△2六歩(下図)と打って、すでに振り飛車が指しやすい形。次の△2七歩成が激痛です(▲同飛には△8八角成)。

▲3八銀などの受けに対しても、△2二飛と回って居飛車の飛車先を圧迫していくことができます。この反撃の筋があるので、▲2四歩は成立しません。この一連の手順は角交換系の振り飛車ではよく出てくるので、ぜひ覚えてみてください。

△5二飛に▲5八金右は?

先ほどは、下図のように△5二飛に居飛車が▲4八銀とする展開を基本図としました。

ただし、ここで▲5八金右とするのも居飛車側の有力な作戦の一部です(下図)。

以下▲5八金右△5五歩(下図)となると、5八金右超急戦と呼ばれる激しい戦いになります。

居飛車が有利の変化が多いのでこの変化に突っ込むことはあまりおすすめしませんが、飛車角を大きく使う激しい戦いが好みであれば、この展開に応じるのもおすすめ。詳しくは『5八金右超急戦の基本定跡と指し方』で紹介しています。

【将棋】5八金右超急戦の基本定跡と指し方を徹底解説
ゴキゲン中飛車に対する5八金右超急戦(以下、単に超急戦)は、ゴキゲン中飛車に対する変化の中でも最も激しい部類の一つです。研究も発展途上な部分が多くあり、多くの変化は難解です。 超急戦 基本図までの指し手 初手からの指し手 ▲7六歩△3四...

なお、激しい戦いが嫌いであれば、▲5五金右に△5五歩以外の手を指して置けばOK。落ち着いた戦い(基本図以下の戦い)に合流します。

スポンサーリンク

基本図からのゴキゲン中飛車の狙い

基本図を下に再掲します。

ゴキゲン中飛車で最終的に目指したい形は、下図のように5五の歩を5四に支え、かつ玉を美濃囲いで囲う形です(下図:理想図)。

5五の歩と5四の銀の構えは非常に強力で、5筋を銀と飛車で攻めつつ、かついつでも△5六歩から角交換をすることができます。

玉は美濃囲いの、特に片美濃囲いにするのが一般的(リンク参照)。横からの攻めには比較的強く、手数もあまりかかりませんん。

金の位置はバランス型であれば3二、囲いをさらに固くしたければ美濃囲いに寄せることができます。金を3二に置く場合は飛車を5一に置くと、バランスの取れた非常に良い形になります。

理想図からの攻め筋:▲4六銀には△6五銀

理想図から▲4六銀には△6五銀とこちらも銀を進出させます(下図)。次は△7六銀と歩を取りつつ、先手の角を狙っていくことができ、もちろんこれが狙い。ですが今回は、5筋していく指し方を紹介します。

上図以下 ▲3七桂△5六歩▲同歩△7七角成▲同桂△5六銀▲5七歩(下図)

△5六歩▲同歩の後は△7七角成と角交換をしてから、銀を進出します。▲5七歩と打たれてこれ以上攻めがないように見えますが..。

上図以下 △3九角(下図)

△3九角と打つのが狙いの一手。飛車取りと共に、5三の地点を狙っています。

上図以下 ▲1八飛△5三銀不成(結果図)

結果図は後手よし。▲同銀には△同角成▲同飛成(下図)で先手陣を突破できます。

理想図からの攻め筋:▲6六歩には△4五銀

▲6六歩と、△6五歩を防ぐ手に対しても、△4五銀と進出させて5筋を狙っていきます。

このままでは先手の駒が足りず5筋の攻めを受けられないので▲4六銀と銀をぶつけてきますが..(下図)。

上図以下 △同銀▲同歩△5六歩▲同歩△同飛▲5七歩△4六歩(下図)

銀交換をしてから飛車を走ってOK。▲5七歩にも△4六飛と横歩を取って飛車が捌けた形。単純な5筋突破だけではなく、軽快に大駒を動き回る指し方も可能です。

スポンサーリンク

居飛車側の対策に対して

上図のように5五歩・5四銀型に組まれると、ゴキゲン中飛車の攻撃力は相当なものになってしまいます。ですから、なるべくこの理想形に組ませないために、居飛車側は様々な対策を考えました。居飛車側からのメジャーな対策については、『有力なゴキゲン中飛車対策総まとめ+おすすめ棋書』で詳しくまとめています。ゴキゲン中飛車を指すうえでは目を通しておくのがおすすめです。

【将棋】ゴキゲン中飛車対策総まとめ!居飛車でゴキゲン中飛車を迎え撃とう!
ゴキゲン中飛車とは、近年現れて人気戦法へと躍り出た「攻める振り飛車」。発案者の近藤正和六段がゴキゲン中飛車を連採して高勝率を上げました。後に升田賞も受賞。タイトルホルダーである久保王将など、多くの振り飛車党が好んで採用しています。ゴキゲン中...

超速▲3七銀戦法への指し方

超速は、現在一番人気のゴキゲン中飛車の対策。下図のように▲3六歩~▲3七銀~▲4六銀と銀を進出させ、中飛車の角頭を狙っていきます。

超速に対してのメジャーな対策は、先手の銀と向かい合わせの位置に銀を進出させる銀対抗(下図)という指し方です。

先手の攻めを受け止める展開になりますが、うまくタイミングを見つけて大駒を捌ければ、囲いの差で有利になれます。超速VSゴキゲン中飛車の定跡については、『超速3七銀戦法の基本定跡と指し方まとめ』で解説しています。

【将棋】超速3七銀戦法の基本定跡と指し方を徹底解説
現代振り飛車のエース戦法であるゴキゲン中飛車はその強い攻撃力で居飛車を悩ませ続けています。居飛車側からもたくさんの対抗策が考えられており、『ゴキゲン中飛車対策全まとめ!居飛車でゴキゲン中飛車を迎え撃とう!』でまとめていますので、ぜひ併せてご...

丸山ワクチンへの指し方

丸山ワクチンは、△5五歩の前に角交換をしてしまおうという指し方。丸山ワクチンに対しては飛車を2筋に振り直して、向かい飛車にして戦うのが人気です(下図)。

後手の狙いは△2四歩▲同歩△同銀から飛車先を逆襲していく手など。ただしお互いに手詰まりになりやすく、対応はやや難しめ。丸山ワクチンVSゴキゲン中飛車については『丸山ワクチンの基本定跡と指し方』で解説しています。

【将棋】丸山ワクチンの基本定跡と指し方を徹底解説
丸山ワクチンは、丸山忠久九段が流行させた、ゴキゲン中飛車対策の作戦です。開始早々に角交換をして持久戦調に戦うのが主流で、プロ間でもアマチュア間でもよく指されています。 手詰まりになりやすいというデメリットがありつつも、玉を固く囲うこと...

一直線穴熊への指し方

一直線穴熊は、名前の通り居飛車側が一直線で穴熊に囲っていく作戦です。一直線穴熊に対しては固さ負けしないように、と振り飛車側も穴熊に囲って戦うのが主流です。

ゴキゲン中飛車側の分かりやすい狙いは先手の角頭。上図から△6四銀と上がったり、△7二飛と回ったりして、7筋方面で戦いを起こすのが人気。

一直線穴熊VSゴキゲン中飛車については『一直線穴熊の基本定跡と指し方』で詳しく解説しています。

【将棋】一直線穴熊の基本定跡と指し方を徹底解説
一直線穴熊は、ゴキゲン中飛車破りの人気の作戦の一つ。わき目もふらずに一目散に穴熊に囲っていくことからつけられた名称です。 ゴキゲン中飛車対策には超速3七銀戦法や超急戦などが人気ですが、一直線穴熊もこれら同様に非常に有力な作戦で...
スポンサーリンク

先手番ゴキゲン中飛車の指し方

先手番でもゴキゲン中飛車を指すことができます(単に先手番中飛車と呼ばれることが多いです)。注意点として、▲7六歩△3四歩▲5六歩(下図)と同様の手順で駒組みをはじめてはいけません。

この場合、△8八角成▲同銀△5七角(下図)と、角を打ち込んで馬を作る手があります。

後手番のゴキゲン中飛車であれば、居飛車側の飛車先がついているので、▲6八角と打てば角の成りどころがなく、振り飛車側の一手得で収まるのですが、上図では▲6八角△8四角成(下図)となって、馬を作られてしまいます。これでは振り飛車側不利。

ということで、先手番中飛車の正しい初手は▲5六歩(下図)。

飛車を5筋に回って、5七角の隙をなくしてから角道を開けば万全です。

スポンサーリンク

最後に

ゴキゲン中飛車は現代振り飛車を代表する戦法です。ガチガチの定跡というよりも、大まかな指し方の指針を覚えたいという方は、「ゴキゲン中飛車で勝つための7つの鉄則と16の心得」が、基本定跡を抑えたいという人は「中飛車の基本 ゴキゲン中飛車編」や「戸辺流 こだわりのゴキゲン中飛車」がおすすめです。


また、先手番中飛車を特に勉強したい場合も、同じく戸辺先生による「1手ずつ解説する先手中飛車」がおすすめです。

ゴキゲン中飛車の棋書一覧については、こちらのページからもチェック可能です(全てのゴキゲン中飛車の棋書を網羅しているわけではないので注意)。

タイトルとURLをコピーしました
公開日:2022年3月15日