将棋の本(棋書・定跡書)を探す >
スポンサーリンク

【将棋】おすすめの角換わり早繰り銀の対策法3つ

角換わり

角換わり早繰り銀は、腰掛け銀に弱く棒銀に強い戦法。特に角換わりのメイン戦法である腰掛け銀に不利ということで、あまり注目されることはありませんでした。

ところが一手損角換わりの登場により、その対策として腰掛け銀よりも攻め足の速い早繰り銀が注目されたほか、いくつかの将棋ソフトが早繰り銀を好んで指し始めるなど、再評価されつつあります。

戦法としての難しさも、腰掛け銀ほど複雑ではないということでアマチュアでの愛好者も多いと思います。

角換わり腰掛け銀や棒銀の対策は結構できているけど、早繰り銀っていざ指されるとどう対応して良いのかわからない、という方もいるのではないでしょうか。

今回は角換わり早繰り銀の対策を、通常の角換わり腰掛け銀の先手視点で紹介していきます。

スポンサーリンク

基本図までの指し手

初手からの指し手 ▲7六歩△8四歩▲2六歩△3二金▲7八金△8五歩▲7七角△3四歩▲8八銀△7七角成▲同銀△2二銀▲4八銀△6二銀▲6八玉△7四歩▲4六歩△7三銀▲4七銀△6四銀▲2五歩△3三銀▲5六銀△4二玉▲6六歩(下図)

f:id:game3578:20180706182219p:plain

お互いの基本的な陣形が完成した局面で、こちらを基本図とします。次の△7五歩からの仕掛けに対する対策を見ていきます。

スポンサーリンク

おすすめの対策法:▲6五歩で反発する

角換わり早繰り銀の対策は多種多様で、いろいろな指し方が考えられていますが、たいていのパターンで応用できる指し方を一つ紹介します。

基本図以下 △7五歩▲6五歩(下図)

後手は△7五歩から早速仕掛けてきましたが、ここでは歩越し銀には歩で対抗、という格言に沿い、▲6五歩と突いて歩を追い返します。この場合、5六においた銀とあらかじめ突いておいた6六の歩がうまくはたらいてくれています。

ここで後手、銀を引いているようでは歩を取られて何をやっているのか分かりません。後手も強く△7六歩と取り込んでいます。これに対して6四の銀を取るのは、△7七歩成から△6四歩と手を戻されて、桂頭の傷があるため流石に無理。とういうことでここは一度おとなしく歩を取っておきます。

上図以下 △7六歩▲同銀△7三銀▲7七角(下図)

f:id:game3578:20210104233621p:plain

後手もおとなしく銀を引きますが、ここでの▲7七角が2筋を受けつつ敵陣を睨む一手。先手よしとまではいきませんが、十分な形勢です。△7二飛と角頭や銀を狙う手に対しても、▲7五歩と打って落ち着いて受けておくのがポイントです。

スポンサーリンク

早繰り銀対策のコツ

棒銀にはしない

早繰り銀に対して棒銀で戦うのはNGです。というのも、早繰り銀のメリットとして安定して5四(先手なら5六)の地点に角をそえることができる、というものがあるからです。

f:id:game3578:20210105002241p:plain
こうしてみると、5四の角が攻防にうまく効いているのがわかります。2七の地点に利きを置くことで、いつでも飛車先を止めることができ、かつ7六の地点もにらみ、攻めにもきかせています。また銀が6四にいるので、弱点の角頭を狙われる心配がありません。早繰り銀は、棒銀の天敵です。

6六の歩はついておく(何なら銀も優先的に上がっておく)

棒銀と比較して腰掛け銀であれば、先ほど少し触れたように6四の銀に対して6筋の歩を伸ばしていくことで圧力をかけられます。「歩越し銀には歩で対抗」の格言通りです。

f:id:game3578:20180706182219p:plain

また銀に圧力をかけるい意味でも、銀はなるべく早く上がっておくのがおすすめ。逆に3六の歩をついたり、桂馬をはねたりするのはあとまわしでも構いません。

ちなみにこのメリットがあるので、先ほどの棒銀の弱点と合わせて、早繰り銀に対抗するには腰掛け銀がおすすめです。

角換わりの3すくみ:腰掛け銀>早繰り銀>棒銀>腰掛け銀・・・

こちらの角換わりの3すくみも、基本的な知識として覚えておくとよいでしょう(腰掛け銀が棒銀に弱いことになっていますが、実際には全然互角以上に戦えます)。

角筋は常に狙う

早繰り銀は、飛車のコビンががら空きな戦法です。場合によっては飛車を狙う斜めのラインに角を置くこともできます。定跡として確立されたような対策法ではありませんが、常に狙っておきたい筋ではあります。

f:id:game3578:20180808144519p:plain

こちらは、先手が早繰り銀で、コビンを狙われている例。歩の垂らしも強烈で、すでに後手有利でしょう。

スポンサーリンク

早繰り銀対策番外編:継ぎ歩

今回は腰掛け銀の形に構えてから、▲6五歩と反発していく指し方を紹介しましたが、最も有名な早繰り銀対策である継ぎ歩を忘れてはいけません。ただし、個人的にはあまりお勧めできる対策ではありません。実際の局面を見ながら確認していきましょう。

基本図からの指し手 △7五歩▲同歩△同銀(下図)

f:id:game3578:20210105000731p:plain

継ぎ歩の指し方をする場合は、△7五歩に素直に▲同歩と取ることによって、銀を5段目に進出させます。銀を5段目に進出させたうえで、その銀に狙いを定めていきます。

上図からの指し手 ▲2四歩△同歩▲2五歩(下図)

f:id:game3578:20210105000740p:plain

▲2五歩が継ぎ歩攻めの手筋。△同歩▲同飛となれば7五の銀と2一の桂馬の両取り(下図)で、先手優勢(なお▲2四歩に対して△同銀は▲5五角が飛車と香車の両取りになり、先手優勢です)。

f:id:game3578:20210105000800p:plain

結局のところ、後手はこの歩を取れないため攻め合うことになります。後手の選択としては△8六歩と△7六歩が有力です。

後手が△7六歩とした場合は、以下▲8八銀△6六銀▲2四歩△2二歩(下図)といった展開が考えられます。

こうなった局面を比べてみて、先手と後手のどっちがよいか、という話ですが、これはソフトの評価値的にも、実践的にも、後手の方が良さそうです。先手の主張は2二歩と打たせたくらいですが、後手も7六の歩が強力で、かつ銀を6六に進めながら歩を一歩掠め取っている状態です。

先手が継ぎ歩をした場合に少々形勢を損ねてしまう原因というのは、6六の歩をついてあるからです。逆に6六の歩さえ突いていなければ、継ぎ歩による早繰り銀の対策も、もちろん可能。ただし、継ぎ歩か▲6五歩反発かを選ばなければいけないのであれば、断然▲6五歩による対策がおすすめです。

スポンサーリンク

最後に

今回は、主に▲6五歩反発+▲7七角による早繰り銀対策にフォーカスしつつ、有名な次府による対策も紹介しました。

先ほども触れたように、手数さえ間に合うのであれば、5六銀と6六歩の形を早めに作り、△7五歩の仕掛けに合わせて▲6五歩の反発で応戦する、この指し方が一番おすすめです。

逆に、継ぎ歩による対策は腰掛け銀の形を結局作るのであればあまりおすすめはしません。ただし、相早繰り銀の将棋や、先手の陣形が少し異なる場合にはもちろん応用可能なので、部分的な手筋として覚えておくのがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました
公開日:2021年11月14日