将棋入門

【将棋入門】将棋の駒の名前と動かし方を学ぼう

将棋を始めるにあたって、一番重要なのが、将棋の駒の名前と動かし方を覚えることです。将棋には「玉将(王将)・飛車・角行・金将・銀将・桂馬・香車・歩兵」8種類の駒があり、それぞれ動かし方が異なります。
スポンサーリンク

駒の形と裏表

将棋の駒は、5角形の形をしています。駒の向きとしては、辺の短い方を前に、長い方を後ろに置きます。将棋の駒には裏表が存在し、玉と金を除いた7種類の駒には裏表に文字が書かれており、駒を裏返して使うことで、グレードアップすることができます。表を向けた状態を「生駒」、裏を向けた状態を「成駒」と区別し、駒を裏返すことを「駒を成る」といいます。基本的には駒は「生駒」の状態で使います。

スポンサーリンク

駒の配置

下図で示されているように、9×9のマス目の自分に近い3マス目までに自分の駒を並べます。向きからもわかるように、相手に近い3マス目までは相手の駒です。

f:id:game3578:20211221174040p:plain

将棋の駒の並べ方については、こちらの記事で解説しています。

【将棋入門】将棋の駒の初期配置と並べ方(伊藤流・大橋流)
将棋を始めるにあたって、将棋の駒の初期配置をまずは覚える必要があります(下図)。もっとも、アプリで将棋を楽しむ場合にはもともと駒が配置されているケースがほとんどですが、せっかくなので覚えておきましょう。 将棋盤に登場する駒は、...

駒の名前と略称の一覧

生駒 略称 成駒 略称
玉将・王将(ぎょくしょう・おうしょう) 玉(ぎょく) なし なし
飛車(ひしゃ) 飛(ひ) 竜王(りゅうおう) 竜(りゅう)
角行(かくぎょう) 角(かく) 竜馬(りゅうま) 馬(うま)
金将(きんしょう) 金(きん) なし なし
銀将(ぎんしょう) 銀(ぎん) 成銀(なりぎん) 成銀(なりぎん)
桂馬(けいま) 桂(けい) 成桂(なりけい) 成桂(なりけい)
香車(きょうしゃ) 香(きょう) 成香(なりきょう) 成香(なりきょう)
歩兵(ふひょう) 歩(ふ) と金

以上が8種類の駒の名前と略称です。玉将と王将は名前こそ違いますが、同じ駒として扱います。将棋駒を並べてみると、王将と玉将は1枚ずつ入っています。王将は上手(年長者)が、玉将は下手が使うという伝統がありますが、実際に気にして使うことはほとんどありません。

それぞれの生駒と成駒には略称があり、正式名称に代わってよく使われます。「角行」「歩兵」などは特に言いずらいので、単に「角」「歩」と呼ばれることが非常に多いです。「玉将」「金将」「銀将」など「将」のつく駒も同様です。それとは対照的に、「飛車」「桂馬」「香車」は正式名称が発音しやすく、略称はあまり使われない傾向があります。
また表を見ても明らかなように、玉と金には成駒がありません。試しに玉と金を裏返してみると、何も書かれていないのが分かると思います。

駒の動かし方

王将の動かし方

将棋は「相手より早く相手の王将を捕まえるゲーム」なので、王将は将棋で最も大切な駒です。王将の動きそのものはそこまで強力ではなく、自分の周囲8マスにのみ動くことができます。

f:id:game3578:20211221171027p:plain

【将棋入門】玉将・王将(ぎょくしょう・おうしょう)の動かし方と特徴
将棋のルールは「相手の王を先に取った方が勝ち」です。玉将、または王将は、将棋で最も大切な駒です。 玉将と王将の違い 玉将と王将は、基本的には全く同じ駒です。駒箱を開けてみると、玉将と王将はそれぞれ一つずつ入っており(玉将が一枚、王将が一...

飛車・竜王の動かし方

飛車は、将棋で一番強力な駒です。縦横際限なく、どこまでも動くことができます。飛車の成駒である竜王は、飛車以上に強力です。飛車に王将の動きが追加され、飛車の周囲8マス+縦横に利きが及びます。

f:id:game3578:20211221171005p:plain

f:id:game3578:20211221171011p:plain

ただし、駒を飛び越えて進むことはできません。自分の行き先に駒がある場合は、行き先はそこまでです。

【将棋入門】飛車・角行の動かし方と特徴
飛車と角行(以下単に「角」)は、将棋で最も強力な2枚の大駒です。 飛車の動かし方 飛車は、縦横に自由自在に動けることが特徴の駒。金銀が自分の周囲にしか動けなかったのに対して、飛車はさえぎる駒がない限り、どこまでも縦横に進むことができます...

角行・竜馬の動かし方

角も、飛車と並んで強力な駒で、その強力さから飛車と並んで大駒と呼ばれます。角の利きは飛車とは対照的に斜めのラインで、縦横に進むことはできません。角の成駒である馬には、角の動きに玉の動きが追加され、周囲8マスにも利きが及ぶようになります。

f:id:game3578:20211221171016p:plain

f:id:game3578:20211221171022p:plain

角も、飛車と同様に、駒を飛び越えて進むことはできません。

【将棋入門】飛車・角行の動かし方と特徴
飛車と角行(以下単に「角」)は、将棋で最も強力な2枚の大駒です。 飛車の動かし方 飛車は、縦横に自由自在に動けることが特徴の駒。金銀が自分の周囲にしか動けなかったのに対して、飛車はさえぎる駒がない限り、どこまでも縦横に進むことができます...

金将の動かし方

金は、玉と非常によく似ているものの、斜め後ろには動けないのが特徴です。金の動きは成銀(銀の成駒)・成桂・成香・と金など、多くの成駒の動きの基本となっています。なお、金に成駒はありません。

f:id:game3578:20211221171033p:plain

銀将・成銀の動かし方

銀の動かし方も玉とよく似ていますが、今度は横と真後ろに動けないのが特徴です。成銀の動きは金と共通です。

f:id:game3578:20211221171038p:plain

f:id:game3578:20211221171043p:plain

【将棋入門】金将・銀将の動かし方と特徴
金将(以下「金」)と銀将(以下「銀」)は、特に金駒と呼ばれる、攻めにも守りにも柔軟に使える駒です。 金の動かし方 金は、斜め後ろ以外の自分の周囲6マスの進むことのできる駒です。成駒はなく、敵陣に入っても成ることはできません。 ...

桂馬・成桂の動かし方

桂馬は非常に特徴的な動き方をする駒で、前に2マス、横に1マス進んだところのみに動くことのできる駒です。その間に別の駒があったとしても、その駒を飛び越えて進むことができます。成桂の動きは金と共通です。

f:id:game3578:20211221171049p:plain

f:id:game3578:20211221171055p:plain

【将棋入門】桂馬・香車の動かし方と特徴
桂馬と香車は、将棋の数ある駒の中でも特殊な動き方をする2つの駒です。 桂馬の動かし方 桂馬は、駒を飛び越える能力があるという唯一無二の存在。1つ横、2つ前のマスにのみ、進むことができます。 ...

香車・成香の動かし方

香車も特徴的な動き方をする駒で、前にひたすら進むことができます。ただし飛車と異なり、横方向への利きや後ろ方向への利きがありません。また、飛車角と同様に駒を飛び越えて進むことはできません。成香の動きは金と共通です。

f:id:game3578:20211221171101p:plain

f:id:game3578:20211221171107p:plain

【将棋入門】桂馬・香車の動かし方と特徴
桂馬と香車は、将棋の数ある駒の中でも特殊な動き方をする2つの駒です。 桂馬の動かし方 桂馬は、駒を飛び越える能力があるという唯一無二の存在。1つ横、2つ前のマスにのみ、進むことができます。 ...

歩兵・と金の動かし方

歩は将棋で一番「弱い」とされている駒で、前に1マスだけ進むことができます。その一方で、成駒のと金になることで、金と同じ利きを手に入れることができます。生駒としては弱いものの、大出世が見込める駒で、「成金」の由来だともいわれています。

f:id:game3578:20211221171112p:plain

f:id:game3578:20211221171000p:plain

【将棋入門】歩兵の動かし方と特徴
歩兵(以下単に「歩」)は将棋で最も弱く、価値のない駒として有名です。その数も多く、多くの駒の初期数が1枚か2枚であるのに対して、歩は最初から9枚配置された状態で始まります。 歩の動かし方 歩の動かし方はいたってシンプル。前の一マスだけで...

成駒について

生駒を裏返した形を成駒と呼び、駒を裏返して成駒にすることを「駒を成る」といいます。基本的には自分の駒が敵陣(1段目~3段目)に侵入できた場合、駒を成ることができます。

f:id:game3578:20211221200144p:plain

f:id:game3578:20211221200156p:plain

駒を敵陣に打つ場合、敵陣だからといって成駒として打つことはできません。ただし、打った後に駒を動かすことによって、駒を成ることができます(下図)。動かす場所は敵陣内でも、自陣でも、どこでも構いません。

f:id:game3578:20211221200922p:plain

f:id:game3578:20211221200934p:plain

注意点として、相手の成駒を取った場合でも、持ち駒として使う際には生駒(成る前の駒)としてしか使えません。つまり、金と同じ動きをする「と金」を取って持ち駒に入れたとしても、盤面に打つ際には「歩」としてしか使えません。これこそが、成駒が強力な理由です(下図参考)。

f:id:game3578:20211221171112p:plain

f:id:game3578:20211221171000p:plain

なお、成らないことを選択することも可能です。生駒が相手の敵陣内にいる場合は、打った駒と同様、どこかに駒を動かせば‘成ることができます(もちろん成らない選択も可能)。多くの場合、成駒の方が元の駒(生駒)よりも強力なので、駒を成るほうが多いですが、いくつかの駒については例外も存在します。例えば、桂馬はその特殊な動きが特徴的で、駒をジャンプすることのできる唯一無二の駒です。ところが、成桂になると、その特徴が失われてしまいます(下図)。

f:id:game3578:20211221171049p:plain

f:id:game3578:20211221171055p:plain

斜め後ろに動くことのできる銀(成ると斜めへの利きが失われてしまう)や、前へ一直線に進むことのできる香は、必ずも成駒の方が強いとは言い切れません。こういった駒は、仮に成駒になることができたとしても、生駒のまま使われることもしばしばあります。

タイトルとURLをコピーしました