将棋入門

【将棋入門】飛車・角行の動かし方と特徴

飛車と角行(以下単に「角」)は、将棋で最も強力な2枚の大駒です。

スポンサーリンク

飛車の動かし方

飛車は、縦横に自由自在に動けることが特徴の駒。金銀が自分の周囲にしか動けなかったのに対して、飛車はさえぎる駒がない限り、どこまでも縦横に進むことができます。

f:id:game3578:20211221171005p:plain

f:id:game3578:20211221171011p:plain

上図右は、飛車の成駒である竜王(以下単に「竜」)の動きを示しています。竜は、飛車の動きに玉の動きが食わっており、縦横に加えて自分の周囲8マスへ動くことができます。

スポンサーリンク

角の動かし方

角は、飛車とは対照的に、斜め方向に自在に動ける大駒です。こちらも、さえぎる駒がないかぎり、どこまでも斜め方向へ動くことができます。

f:id:game3578:20211221171016p:plain

f:id:game3578:20211221171022p:plain

角の成駒は竜馬(単に「馬」)といい、こちらも竜同様、角の動きに王の動きが加わっており、自分の周囲8マスにも動けるようになります。

飛車と角の配置

二つの強力な大駒は、自陣の下から2段目に配置されます。「飛車は右、角は左」です。

f:id:game3578:20211221182850p:plain

飛車の特徴

最強の攻め駒

飛車はだれもが認める最強の攻め駒です。将棋の多くの戦法(攻め方)は、飛車の使い方がベースになっています。

例えば、飛車を初期位置において戦う指し方を「居飛車」(下図左)、飛車を左側方面に動かして戦う指し方を「振り飛車」(下図右)などと区別します。

f:id:game3578:20211223151816p:plain

f:id:game3578:20211223151701p:plain

角の特徴

手持ちにして使うことが多い

角の最大の特徴は、お互いに角を持ち合って(持ち駒にして)戦う将棋が非常に一般的なことです。飛車交換はなかなか起こりえないのに対して、角交換は頻繁に起こりえます。

初手から、例えば▲7六歩△3四歩とすれば、お互いの角道が通って、いつでも角交換できる体制になります(下図)。

f:id:game3578:20211223163840p:plain

馬は最強の守り駒

角そのものは、上下左右への利きがなく、あまり強い守り駒とはいえません。しかし、角の成駒である馬は将棋で最強の守り駒。「馬の守りは金銀三枚(馬の守りは金銀3枚を合わせたものと同等だ)」という格言があることからもわかります。

将棋の初手について

将棋の初手は、ほとんどの場合▲7六歩(下図左)か、▲8六歩(下図右)です。どちらも角と飛車という2つの大駒の活用を見込んでおり、飛車角がいかに重要な駒であるかがわかると思います。

f:id:game3578:20211223164249p:plain

f:id:game3578:20211223164258p:plain

飛車・角の価値

飛車と角はともに将棋で最も価値がある駒です。両者ともに強力ではありますが、飛車の方がわずかに上回るといった感じ。アマチュア間では飛車を持っている方が、角を持っているよりも確実に勝ちやすいと思います。

駒の価値:飛車≧角>金≧銀>桂≧香>歩

【将棋入門】駒の強さ・価値の比較と「駒得」「駒損」
将棋には9つの駒がありますが、それぞれ駒の強さは全く異なります。駒の強さは駒の直結します。将棋を指す場合には価値のある駒を優先して守ったり、価値のない自分の駒と価値のある相手の駒の交換を狙ったりといった戦略を立てることができます。 駒の価...
タイトルとURLをコピーしました