将棋入門

【将棋入門】将棋の駒の初期配置と並べ方(伊藤流・大橋流)

将棋を始めるにあたって、将棋の駒の初期配置をまずは覚える必要があります(下図)。もっとも、アプリで将棋を楽しむ場合にはもともと駒が配置されているケースがほとんどですが、せっかくなので覚えておきましょう。

f:id:game3578:20211221174040p:plain

将棋盤に登場する駒は、全部で40。うち自分の駒として与えられるのが40で、相手の駒として与えられるのが40です。

玉:1つ

飛:1つ

角:1つ

金:2つ

銀:2つ

桂:2つ

香:2つ

歩:9つ

合計:20

なお、駒の動かし方についてはこちらの記事で解説しています。まだあやふやだという方はこちらのページから確認しておくのがおすすめです。

【将棋入門】将棋の駒の名前と動かし方を学ぼう
将棋を始めるにあたって、一番重要なのが、将棋の駒の名前と動かし方を覚えることです。将棋には「玉将(王将)・飛車・角行・金将・銀将・桂馬・香車・歩兵」8種類の駒があり、それぞれ動かし方が異なります。 駒の形と裏表 将棋の駒は、5角形の...
スポンサーリンク

自陣と敵陣

9×9の将棋盤のうち、自分に近い3段目までが自陣、相手側に近い3段目までが敵陣です。

f:id:game3578:20211221182451p:plain

自分の駒は3段目までに置かれます。駒の配置とは直接関係ありませんが、「自陣」と「敵陣」の区別が重要になるのは成駒を作る時です。成駒については先ほど紹介した記事で詳しく解説しています(リンク再掲)。

【将棋入門】将棋の駒の名前と動かし方を学ぼう
将棋を始めるにあたって、一番重要なのが、将棋の駒の名前と動かし方を覚えることです。将棋には「玉将(王将)・飛車・角行・金将・銀将・桂馬・香車・歩兵」8種類の駒があり、それぞれ動かし方が異なります。 駒の形と裏表 将棋の駒は、5角形の...
スポンサーリンク

玉の配置

玉は、将棋で一番大切な駒です。そのイメージ通り、玉は自陣の中央に置かれます。

f:id:game3578:20211221182844p:plain

【将棋入門】玉将・王将(ぎょくしょう・おうしょう)の動かし方と特徴
将棋のルールは「相手の王を先に取った方が勝ち」です。玉将、または王将は、将棋で最も大切な駒です。 玉将と王将の違い 玉将と王将は、基本的には全く同じ駒です。駒箱を開けてみると、玉将と王将はそれぞれ一つずつ入っており(玉将が一枚、王将が一...

飛・角の配置

飛車と角は将棋で最も強力な2つの大駒です。両者は下から2段目の右と左にそれぞれ対照的に置かれます。

f:id:game3578:20211221182850p:plain

【将棋入門】飛車・角行の動かし方と特徴
飛車と角行(以下単に「角」)は、将棋で最も強力な2枚の大駒です。 飛車の動かし方 飛車は、縦横に自由自在に動けることが特徴の駒。金銀が自分の周囲にしか動けなかったのに対して、飛車はさえぎる駒がない限り、どこまでも縦横に進むことができます...

金・銀の配置

金銀は敵陣を攻撃するというよりも王様を守るという意味合いの強い駒。金銀は玉のすぐ隣に置かれます。

f:id:game3578:20211221182826p:plain

【将棋入門】金将・銀将の動かし方と特徴
金将(以下「金」)と銀将(以下「銀」)は、特に金駒と呼ばれる、攻めにも守りにも柔軟に使える駒です。 金の動かし方 金は、斜め後ろ以外の自分の周囲6マスの進むことのできる駒です。成駒はなく、敵陣に入っても成ることはできません。 ...

桂・香の配置

桂馬と香車はどちらかというと存在感の薄い駒。盤上の中央にはおかれず、端に固められます。

f:id:game3578:20211221182833p:plain

【将棋入門】桂馬・香車の動かし方と特徴
桂馬と香車は、将棋の数ある駒の中でも特殊な動き方をする2つの駒です。 桂馬の動かし方 桂馬は、駒を飛び越える能力があるという唯一無二の存在。1つ横、2つ前のマスにのみ、進むことができます。 ...

歩の配置

「歩兵」という名前からもわかるように、歩は足軽のように戦いを一番に率いていく駒です。大量の歩は下から三段目にずらりと並べられ、これらの歩を前に伸ばしていくことで戦いを始めます。

f:id:game3578:20211221182839p:plain

【将棋入門】歩兵の動かし方と特徴
歩兵(以下単に「歩」)は将棋で最も弱く、価値のない駒として有名です。その数も多く、多くの駒の初期数が1枚か2枚であるのに対して、歩は最初から9枚配置された状態で始まります。 歩の動かし方 歩の動かし方はいたってシンプル。前の一マスだけで...

駒の並べ方

駒の並べ方は人それぞれで自由ですが、将棋には2つの伝統的な並べ方があります。実際に駒を並べる際にこの通りにする必要は全くありませんが、せっかくなので知っておくとよいかもしれません。

伊藤流

伊藤流は、歩を飛車・角・香車を並べるのよりも前に並べる指し方です。敵陣に飛車角が直射するのは失礼、という考え方から並べられるようになりました。プロ棋士では鈴木大介九段が伊藤流の棋士として有名です。

伊藤流:玉ー金ー銀ー桂ー歩ー香ー角ー飛

f:id:game3578:20211221190633p:plain

大橋流

大橋流はよりシンプルに、下から順番に並べていきます。プロ間では、大橋流で並べるのが主流です。

大橋流:王ー金ー銀ー桂ー香ー角ー飛ー歩

f:id:game3578:20211221190700p:plain

まとめ

将棋の駒の初期配置については、何度も眺めていくうちにやがて覚えていくと思います。あまり焦らずに、徐々に覚えていけばよいと思います。駒の並べ方についても同様。有段者でも知らない人は多くいます。豆知識程度に眺めてみてください。

タイトルとURLをコピーしました