棋戦

【将棋】王将戦とは?ルールと仕組みを徹底解説

王将戦は、将棋のタイトル戦の一つ。竜王・名人・王位・王座・棋王・叡王につぐ第七の序列を持つタイトルとして知られています。タイトル戦については、こちらの記事でまとめています。

【将棋】八大タイトル戦の仕組みと序列を徹底解説
藤井竜王の活躍で盛り上がっている将棋界。ニューや新聞で取り上げられる回数もどんどん増してきています。そんな中、ニュースや新聞で一度は目にしたことのあるであろう言葉「タイトル」についてまとめてみました。 将棋の「タイトル」とは? そもそも...
スポンサーリンク

王将戦七番勝負

王将戦は2日制・7番勝負です。序列では比較的下位に位置しますが、対局時間が長いのが特徴です。

持ち時間 2日制・8時間
番勝負 7番勝負
主催
スポーツニッポン・毎日新聞社

2日制ですので、1日目の終わりには封じ手が行われます。

【将棋】「封じ手」とは?タイトル戦でよく出てくるこのワードを徹底解説
突然ですが、将棋には8つのタイトル戦があります。序列順に、以下の通りです。 ・竜王戦 ・名人戦 ・叡王戦 ・王位戦 ・王座戦 ・棋王戦 ・王将戦 ・棋聖戦 封じ手というのは、普通...
スポンサーリンク

王将戦の予選

一次予選

B級1組以下の棋士によるトーナメント戦が行われます。順位戦A級の棋士や、その他の成績上位者は、シードとなり二次予選からの参加となります。

二次予選

シード者と、一次予選を勝ち抜いた棋士によるトーナメント戦が行われます。上位3名が挑戦者決定リーグに進出します。

挑戦者決定リーグ

二次予選を勝ち抜いた3名の棋士と、前期のリーグ残留者(3名)、前期の王将戦敗者(1名)によるリーグ戦が行われます。リーグ戦の優勝者が王将戦への挑戦権を獲得します。なお、成績下位者は挑戦者決定リーグから陥落し、次期は二次予選からの参加となります。

歴代の王将

表中では、羽生善治九段が永世王将の資格を保持しています。永世王将は王将くらいを通算10期獲得することで与えられます。連続5期獲得しても永世称号は与えられない分、難易度が高いものとなっています。

年度 王将
2021 藤井聡太
2020 渡辺明
2019 渡辺明
2018 渡辺明
2017 久保利明
2016 久保利明
2015 郷田真隆
2014 郷田真隆
2013 渡辺明
2012 渡辺明
2011 佐藤康光
2010 久保利明
2009 久保利明
2008 羽生善治
2007 羽生善治
2006 羽生善治
2005 羽生善治
2004 羽生善治
2003 森内俊之
2002 羽生善治
2001 佐藤康光
2000 羽生善治

その他のタイトル(序列順)

タイトル
竜王
名人
王位
王座
棋王
叡王
王将
棋聖

それぞれの項目から詳しく解説しているリンクへジャンプできます。竜王と名人の序列については議論があり、賞金額では竜王に、伝統では名人に分があります。

王将戦を楽しむ

王将戦は毎年1月から3月に行われます。予選については、年中通して行われています。

毎日新聞ニュースサイト

Abema TV でも、王将戦の対局の配信を行っています。下画像のように王将戦に限らず様々な棋戦の配信も行っています。

Abemaプレミアム(最初の14日間は無料)に登録すれば、王将戦に限らず、将棋の対局が見放題となります。

Abema TV

(検索欄から「将棋」や「王将戦」などと検索すると一覧が見られます)

タイトルとURLをコピーしました